ヒゲに除毛クリームは厳禁!

髭を剃る男
ヒゲ脱毛していいのかどうか、という疑問以前に、除毛(脱毛)クリームは顔には使えない

裏面の注意事項を読めば分かるが、どの除毛クリームも顔や頭への使用は禁止されている。
残念ながら、除毛クリームで楽してヒゲ脱毛するなんてことはできないのである。

間違っても絶対に除毛クリームはヒゲには使わないようにしよう。

なぜ使ってはいけないのか

「どうなってもいい!今すぐヒゲをなくしたいんだ!」

と思う人こそ絶対に使わないように。

除毛クリームをヒゲに塗り付けても、

  • 高確率で「肌が荒れる」
  • ほとんど「脱毛できない」
  • 次の日には「すぐに生えてくる」
  • 荒れたせいで「ヒゲを剃れない」

という二重三重の苦痛が待っているからだ。

人によっては顔が赤く腫れたり湿疹ができたり、非常に危険である。

除毛クリームをヒゲに使ってしまうくらいなら、いつも通り電気シェーバーで剃ったほうがはるかに肌にやさしいのは間違いないし、クリームよりも確実にキレイになる

ということで、除毛(脱毛)クリームはその種類に限らず全てにおいて、ヒゲ脱毛目的での使用は厳禁だ
何のメリットもない。 ハイリスクノーリターン

抑毛クリームはどうなのか

これも巷にあふれているが、間違いなく言えることがある。

それは、「ヒゲが濃い人が使うにはまるで現実的ではない」ということ。

産毛程度なら徐々に生えなくなるような抑毛クリームは確かに存在する。
しかし、それがヒゲにも効果があるかどうかは全く別なのだ。

毎日毎日使い続けたとしてもヒゲの濃さはほぼ変化しないし、ましてや、ヒゲをなくすことなんて絶対に不可能。

気休めに抑毛クリームに手を出すのはおすすめしない。後悔するだけだ。

自分のヒゲをどうしたいのか

アイスクリームを食べる
重要なのは、「自分のヒゲをどうしたいのか」だ。

一時的に無くせればそれでいいのか、それとも、一生ヒゲなんて見たくないくらいに嫌悪しているのか。

あなたがヒゲの濃さに悩んでいるのなら、除毛クリームなんてますます論外だ。 
これまで自分のヒゲと付き合ってきたのなら、そのヒゲがどれほどの質のものか理解しているはず。

その場しのぎの対策では何も変わらないどころか悪化するだけの方法を繰り返しても、何の進歩もない。
自分の肌を傷め、ムダにお金と時間を消費していくだけだ。デメリットしかない。

では、どうすればいいのか? 

ヒゲの濃さに悩んでいるのなら、医療レーザー脱毛一択!

医療クリニックでの「医療レーザー脱毛」なら、ヒゲを確実になくすことができる。

当然、時間とお金はかかるが、ヒゲをツルツルの状態にまで持っていくことも可能だ。

現時点で、一般的な方法で「永久脱毛」できるのは、レーザー脱毛のみ

それ以外の方法では、除毛・抑毛クリームと同じく付け焼刃でしかない。
手軽さは命取りになると覚えておくべきだ。

ヒゲを嫌悪しているどころか憎悪しているほどに悩んでいるのなら、医療レーザー脱毛を始めよう。

悩みから解放されるには、最善にして最高の手段なのである。

ヒゲ脱毛するなら医療レーザーで間違いナシ!

ヒゲ脱毛に最適な医療クリニック

快適にヒゲ脱毛を始めるための医療クリニック選び

答えはシンプル

シンプルイズベスト
レーザー脱毛という手段を知らないと、ヒゲ処理に迷走してしまいがちだ。
私もかつてはそうだった。

何より学生時代は、お金も時間もなかった
一番多感な青春時代にヒゲによって味わった苦痛は脳内に深く刻み付けられ、今でも決して忘れられないものとなっている。
人格形成にも大いに影響をもたらした。

それほどにヒゲは私にとって最低最悪の象徴なのだ。

あなたはおそらく、ヒゲに悩んで悩んでもがき苦しんだ果てに、除毛・抑毛クリームという手段にたどり着き、最後の希望のごとく縋りつこうとしているのだろう。

しかし、道を誤ってはいけない

それはあなたをヒゲという悪夢から救い出すためのものではない。ヒゲをより顕在化させより強烈に失望感を与えるものだ。間違っても使わないようにしよう。どんな謳い文句にも騙されないように。

ヒゲの苦痛から逃れるためには、やはりヒゲを完璧に無くすしかない。
そのために、「医療レーザー脱毛」がある。

答えはシンプルだ。 

今すぐ医療クリニックでヒゲ脱毛を始めて、理想の自分になろう。今からでも決して遅くはない。

医療クリニックのレーザー脱毛に関する基本知識