髭に悩む大学生へ

髭に悩む大学生
髭にひどく悩んでいるのなら、「ヒゲ脱毛」を検討してみよう。

ヒゲ脱毛は、髭を半永久的になくすことのできる唯一の方法だ。

髭が無くなれば、面倒な髭剃りをする必要がなくなるし、肌荒れに悩むことも青髭に悩むこともなくなる。また、見た目も劇的に改善される。

もちろん、ヒゲ脱毛するにはそれなりの費用がかかるし、効果が出るまでは時間もかかる。

それでも、かけた費用や時間に見合うだけの、いや、それ以上のメリットを「確実に」得られるのがヒゲ脱毛なのだ。

髭に悩んでいるのならしない手はない。

何より、大学生という期間はヒゲ脱毛を始めるのにもっとも適したタイミングである。

この機会を逃せば、きっと後悔することになるだろう。
社会人になってから始めるのと、大学生のうちに始めるのでは、天と地ほどの差異があるからだ。

髭の濃さ、青髭、肌荒れ… 
などなど、これまでの人生で髭に深刻に悩んできたことがある人ほど、よりヒゲ脱毛の有用性は高くなる。

それでは、なぜ大学生でのヒゲ脱毛がベストタイミングなのか、以下からその理由をシンプルに解説しよう。

「ヒゲ脱毛」を始めるタイミング:社会人になる前と後を比較してみる

まずは、社会人になる前、大学生のうちにヒゲ脱毛を始めるパターンを考えてみよう。

大学生のうちにヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛した大学生

メリット
  • 時間がとりやすい
  • 講義の合間にも通える
  • 平日の昼間などにも予約が取りやすい
  • 就職活動で有利になる
  • 肌がキレイになりやすい
デメリット
  • ヒゲ脱毛費用の工面が課題

次に、社会人になった後にヒゲ脱毛を始めるパターンを考えてみよう。

社会人になってからヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛できない社会人

メリット
  • お金には余裕が出てくる
デメリット
  • 時間が取りにくい
  • 予約の時間が混み合いやすい
  • 休日に通う必要が出てくる
  • 髭や肌の様子見がしにくくなる
  • 肌がキレイになりにくい

だから大学生でのヒゲ脱毛がベスト

時間を活用しよう
これらから、基本的に大学生でのヒゲ脱毛にはメリットしかなく、社会人でのヒゲ脱毛にはデメリットしかないことが分かるはずだ。

大学生のうちにやる一番の利点は、やはり「時間に融通を利かせやすい」こと。

ヒゲ脱毛には時間がかかる。
そのため、社会人になるとなかなか時間を作れないし(平日の昼間なんて到底無理)、時間が空いたとしても予約がいっぱいで通えなくなるなんてザラ。

効率よくヒゲ脱毛を完了させ効果を十分に発揮させるには、定期的に施術することが重要なのだが、社会人ではそれが非常に難しくなる。

同じ料金なのに効果を得づらくなるのは損でしかない。

それだけでなく、ただでさえ時間のかかるヒゲ脱毛が、余計に時間がかかってしまうのだ。
ヒゲ脱毛を途中であきらめてしまう社会人が多いのはこれが原因。

せっかくの髭をなくせるチャンスなのに、それを逃すなんてもったいないとしか言えない。
これまで通り髭に悩み続ける人生を繰り返すことになるのだから。

ヒゲ脱毛に満足している大学生

「肌がキレイになりやすくなる」という点も重要。

肌を傷つけるような自己処理を数十年に渡って続けると、逆に肌がその刺激に慣れて頑丈になってしまう。

肌が頑丈になればカミソリ負けしにくくなるし、肌荒れにもなりにくくなるのだが…、想像してみてほしい。
それこそがTHEオッサン肌であることを。

ガサガサのデコボコ。 
この状態になれば多少髭が生えていようが濃かろうが何の問題はない。むしろ、髭がないと不自然な状態だ。ヒゲ脱毛してしまったら違和感ありまくりだろう。それに、ヒゲ脱毛してもその肌はキレイにはならない。

大学生のうちであれば肌は比較的柔らかいため、ヒゲ脱毛で髭を無くせば、ツルツルのピカピカにすることもできる。

自己処理で肌荒れを起こすこともないし、ニキビが頻繁にできることもなくなるし、青髭もなくなる、と良いこと尽くしだ。

社会人になってから数年程度ではそこまでオッサン肌にはならないだろうが、早いに越したことはない。深く肌が傷ついてからでは遅いのだ。
いずれキレイな肌はどうあがいても取り戻せなくなる。 

スーツ姿の社会人

社会人になってからのヒゲ脱毛で唯一のメリットは、「お金に余裕が出てくる」ことだ。

大学生にとってヒゲ脱毛費用を確保するのは、確かに難しい
カンペキにヒゲ脱毛しようとすると、20万円近くはかかる。

まあその費用は社会人にとっても決して安くはないのだが、大学生にはなおのことだろう。

とは言え、大学生には時間がある
バイトすれば別に稼げない額ではない。

むしろ、社会人よりもお金を使う機会(目的)は限られるので、貯めることも容易いのではないだろうか。

ファッションや趣味にお金をかけるよりもヒゲ脱毛を優先しよう。
その方が結果的にはリターンが大きくなる。

ヒゲ脱毛は医療クリニックで始めよう!

ヒゲ脱毛を始める大学生
候補となる医療クリニックはこの3つ。
メンズリゼ
湘南美容クリニック
ゴリラクリニック

解説ページはこちら

このページを参考に医療クリニックを選んでヒゲ脱毛を始めよう。

東京・大阪・愛知に住んでいる(近い)方はこのクリニック!

ヒゲ脱毛に関する基本知識をまとめたページはこちら

医療クリニックでレーザー脱毛
ヒゲとメンズ脱毛の基本

今すぐヒゲ脱毛を始めたい方はここ!

髭が濃いという「借金」

髭は借金
大人になってからより学生の時の方が髭の悩みは深刻である。
中には、「自殺したい」とまで思い詰める人も…。
それほどに髭が濃いということは根深い悩みなのだ。

大学生くらいまでは周りの人もそんなに濃くないので余計にツライだろう。
髭の薄い友人に殺意を覚えることも少なくないのではないか。 

「どうして自分だけがこんな…」と思わざるを得なくなる。

髭が濃いというのは、言わば借金なのだ。
産まれながらにして抱える負債だ。

髭が濃いだけで、それにかかる金銭的負担、精神的苦痛、肉体的損傷は計り知れない。
髭が薄いだけで、これらの苦痛・屈辱を味わう必要は一切ない。

明らかに不公平である。

歳をとればとるほど、そのコンプレックス度合いはより強固に根強く人生そのものにへばりついてしまう。

もうどうせいずれオッサンになるから、と諦めて髭の濃さを受け入れるのも一つの手段であろう。

ヒゲ脱毛は借金の返済手段

しかし、そう簡単に髭を受け入れられるだろうか

髭の濃さを諦めたとしても、髭処理をしないといけないことにはなんら変わりない。当然、いつまでもいつまでも肌を傷め続けることになる

そんな人生を受け入れらるだろうか?
いや、そんなはずはない。

なぜこんな借金を背負わねばならなかったのか、を考えてもキリがないのだ。
どうにか見切りをつけて手放すしかない。

幸い現在はその借金を確実に返済する手段がある。 

ヒゲ脱毛にかけるお金と時間は、生まれながらにして抱えた借金の返済手段という訳だ。
利用しない手はないだろう。

ヒゲ脱毛をしなければ借金はどんどん膨らんでいく。

だから、まだ返済しやすい、そして、もっとも苦痛に感じる大学生のうちに髭をなくしてしまうのが、ベストタイミングなのである。 

髭に悩む自分が許せないのならヒゲ脱毛を強くお勧めする

メンズリゼ公式3
正しく髭処理できて、それで何の不満もなく肌に異常もなければそれでよし。
ヒゲ脱毛費用は決して安くないからね。 

自分に適した質の良い電気シェーバーを選び、適切な髭処理をすれば、基本的には大丈夫。
肌を大きく傷めることはないし、青髭が目立つこともなくなるだろう。

ただ、上述したように髭の薄い友人に殺意を抱いてしまうくらいに髭を憎んでいる人は、今すぐヒゲ脱毛を始めるべきである。

今お金と時間をかけることによって、将来的にその何倍ものリターンを得られるのだから。

何より髭が気持ち悪い自分を見たくないだろう?
髭に悩まない自分になりたいだろう?

ならば、髭は大学生のうちに無くしてしまおう

善は急げ!ヒゲ脱毛の予約はこちらから

ちなみに、メンズリゼでは「就活脱毛」というキャンペーンを行なっている。
学生証の提示で、対象プランが20%OFFだ。
活用してみてほしい。

実際のヒゲ脱毛体験談も参考にしてみよう

メンズリゼについてはこちら