童顔に髭は似合わない

髭と童顔

童顔であることを悩んでいる方ほど、「見た目でごまかそうとする」傾向が強い。
そして、「髭を生やす」という安易な手段を選ぶ

しかし、これはまったくの逆効果である。

残念ながら、童顔に髭は似合わないし、童顔コンプレックス解消にもならない。
その理由を知れば、髭を生やそうなんて思わなくなるはずだ。

そもそも童顔とは?

童顔に当てはまる
童顔の特徴は、「幼く」見えること。

幼く見える要因には、肌が白い、彫りが浅い、目に覇気がない、口元がゆるい、鼻が低い、などがあり、言動と顔が比例して見られがちである。

初対面で好印象に思われることはほとんどない。 特にビジネスの場面で顕著だ。それ以前にも就活の際などに苦労することになる。

童顔であることが性格や声にまで影響しないが、周りの人間がそれを理解してくれることはまずない、と知っておかなければならない。

自らが積極的に「自分はどういう人間か」を周囲に理解させる努力が必須となる。 前提からマイナスイメージが強いので、男の場合、童顔であることはすなわち、「損している」と思って間違いないだろう。

かと言って、髭を生やすのは、やはり逆効果である。

なぜ髭がダメなのか

童顔で落ち込む男性

なぜ童顔に髭は似合わないのだろうか。

それは、「童顔だから」と言う他ない。

髭の似合う顔は、決して童顔ではないのである。

髭の似合う男を想像してほしい。
その中に童顔な人物はいるだろうか?いや、いないはずだ。
それに、髭が似合う男は、髭がなくても問題なくカッコイイというのが真実。

つまり、どういうことかと言うと、

童顔を隠すために髭を生やす
似合えば童顔ではない⇒髭を生やす必要なし 
似合わなければ当然童顔⇒髭を生やす必要なし
どうあがいても、「髭を生やす必要はない」と結論付けられる訳だ。

似合わない理由を具体的に挙げるならば、

  • 髭だけが浮いて見えて不自然
  • 付け髭に見える
  • 本人の雰囲気と髭がまるで噛み合っていない

童顔の特徴と髭の印象がおそろしく相性が悪いため、逆効果にしかならないのである。
さらに、他人が見た場合、

  • 逆にコンプレックスが強すぎてキモい
  • 似合ってなくてナルシシスト感MAX
  • 子どもに髭が生えてるみたいで笑える
  • 触れちゃいけないところなんだな、と遠慮したくなる
  • 自己顕示欲強そう
  • なんか気持ち悪い…

と、誹謗中傷されるくらいに、悪い意味で強烈な印象を与えてしまうことになる。
童顔と髭の組み合わせは、「最悪」だと言っても過言ではない。

童顔コンプレックスを解消する方法

では、どうすれば童顔コンプレックスを解消できるのか。

その方法をシンプルに解説しよう。
以下の方法を実践すれば、童顔コンプレックスは確実に解消されるはずだ

常に姿勢よく堂々とする

姿勢と筋肉

普段の椅子に座る姿勢や歩く姿勢にも、その人の性質は表れる。
童顔だと言われる人は、いかにも童顔っぽい言動を意識、無意識にかかわらずやっていることがほとんど。

筋トレして、胸筋、腹筋、背筋を鍛え、肩幅が広くなる頃には、童顔の印象は消え去っている。

表情もキリっとした精悍な顔つきに近づけるだろう。
おまけに、背も高く見られるようになる。

ヘアスタイルを変える

ヘアスタイルを変える

たまに小学生時代と髪型が同じであったり、大学生時の髪型のまま会社に通ったりする人がいる。

「人は見た目じゃない」とよく言われるが、最低限ラインがあることを忘れてはいけない。それを下回る存在はそもそも人間と認識されていないのだ。どんなに性格が良くてもね。

精神状態は少なからず顔に出てしまうもの。 髪型が変わらないor髪型に無頓着なのは、精神的に進歩がないことの証明。
顔の前に、「内面の童顔」から脱する必要がある。

逆に言えば、「形から入る」ことで内面にも良い変化が現れるのだ。
理想とする大人の髪型を真似してみよう。

思考を研ぎ澄ます

思考

童顔のイメージとしては、顔の特徴以外にも、ぼんやりしているように見えることが挙げられる。顔に歳相応の表情がないので、人間としての奥行きが感じられず、経験が浅く未熟に思われてしまうのだ。

そこで、常に思考するように心がけよう。 漠然と何かを妄想するのではなく、現在の状況、これからの人生の計画、社会情勢や哲学的問題、そして、自分とは何なのか、を突き詰めるようにするとよい。

その思考が自身の言動そのものを変えていくはずだ。
そうしていつの間にか、童顔を気にしている暇すらもなくなっているだろう。

そもそも童顔をコンプレックスに思わない

童顔を気にしていること自体が、「THE・童顔」という感じだ。

実際には、他人に幼く見られようがなんだろうが関係ない。どうでもいいのである。
なぜなら自分の本質はそこにはないからだ。

そのことを自分自身がはっきりと理解していれば、童顔はデメリットではなくなる。

むしろ、幼さなどではなく、今後ずっと「若さ」という誰も真似できないすばらしい武器になるのだ
童顔は隠すものではなく、活かすものだと心得よう。

まとめ:童顔と髭

飛躍するサラリーマン

童顔が悪い訳ではない。
日本人の多くが基本的に童顔の傾向にあるし、童顔であること自体はいたって「普通」。

問題は、童顔をそのままに見た目だけ変えてごまかそうとしている精神状態だ。
それが、さらに「童顔感」を助長させるのである

『童顔×髭』は最悪の組み合わせであるのは事実だが、その原因は、見た目の問題よりも、内面が影響してしまっていることのほうが大きい。

童顔をコンプレックスに思っている方は、髭で隠すなどという安直な方法に頼らず、内面を鍛えることから始めてみよう。 そうすれば、髭はむしろ邪魔に思えてくるはずだ。

髭が似合わないのなら、ヒゲ脱毛するという手段も。
髭を剃る必要が無くなれば、肌がキレイになるし、時間的に余裕もできる。そうなれば、精神的にもゆとりが生まれ、内面も変わるだろう。

とにかく、童顔を髭で隠そうとしないこと。
これが大切。

ヒゲ脱毛は医療クリニックがお勧め

童顔に髭がダメなのは似合わないことの他に、
「処理に時間がかかる」
「肌を傷めつけてしまう」
という難点があるからだ。

童顔で髭が似合わないことにプラスして、
青髭が目立つ 
肌が荒れて汚い 
という要素があるのは、正直言って、絶望的である。

時間的にも肌的にも一番良い選択は何か。
それはヒゲ脱毛すること以外にない

童顔で、かつ、肌が弱くて髭剃りしたくないから、髭を生やそうと思っている、あるいは、髭を生やしている、という方にはヒゲ脱毛を強くお勧めする。

お勧めの医療クリニック3選
選び方はこちら

東京・大阪・愛知に住んでいる(近い)方はこのクリニックがベスト!

こちらも参考にしよう!

【髭を生やした男には気を付けろ!】髭に隠れた男の本性とは?
ヒゲ脱毛で得られること【まとめ】
ヒゲ脱毛で「清潔感」を出そう~男の美肌の価値~