ヒゲ脱毛への踏ん切りがつかない?

髭にい悩む営業マン

「営業職をやっていて毎日の髭剃りにうんざりしているし、青ひげや髭の濃さは気になるが、はたして脱毛するほどなのか」
とヒゲ脱毛すべきかどうか迷っている営業職の男たちは多い。

髭を剃れば済む問題であるのに、そこまで労力をかける必要性はあるのだろうか。
確かにこれは誰もが思うことだろう。
あなたもきっとそう思っているに違いない。

だが、見た目や第一印象が重要となる営業職においては、ヒゲ脱毛の有用性は非常に高い。それは一般職(人前にあまり出ない仕事)とは比べ物にならないほどだ。
髭はそれほどに相手に与える印象を大きく左右する。

以下から、ヒゲ脱毛することで得られる利益や髭が営業に与える影響を解説しよう。

『髭が生えなくなる』
という状態があなたにどれほどメリットをもたらすのかを考えながら、ヒゲ脱毛をするべきかどうか決めてほしい。

ヒゲ脱毛の有用性

まずはヒゲ脱毛した場合のメリットを挙げてみよう。
単純に、ヒゲ脱毛にかける時間とお金よりもその有用性が上回っていれば、やったほうがいいと判断できるはずだ

ヒゲ脱毛によるメリット

  • 髭剃りをしなくてよくなる
  • 青髭がなくなる
  • 肌がキレイになる
  • 肌荒れに悩まされなくなる

その結果、仕事(営業)において、

  • 若々しく見られる
  • 第一印象が良くなる
  • 清潔感のあるまじめな人だと思われる
  • 自信が出てくる
  • 堂々と行動できる

髭がファッションとして受け入れられているような業界でもない限り、髭はないほうが良い。これは周知の事実であろう。

今やヒゲ脱毛は男たちに普遍的なメリットをもたらす手段。
多くの男が髭の不必要性に気づき、ヒゲ脱毛を始めている。近年、メンズ脱毛クリニックが盛んになっているのはこれが理由だ。
特に、営業職の男がヒゲ脱毛するのはまったく珍しいことではなくなった。

ヒゲ脱毛は医療機関で行なう

医療レーザー脱毛

今のヒゲ脱毛の主流は「レーザー脱毛」
医療クリニックにおいて医療行為としてヒゲ脱毛を行ない、確実に効果を出すことが求められている。男の厄介な髭は、医療レーザーでなければなくせないのだ。

メンズエステで行なうフラッシュ脱毛では、髭にはほぼ効果は期待できない。やめておいたほうが賢明である。

ヒゲ脱毛はいくらかかるのか

レーザー脱毛で髭をツルツルにしたとしても、せいぜい『20万円』ほど。
決して安くはないのだが、得られるメリットを考えるとリーズナブルだと言えるはずだ。

ヒゲ脱毛をせずにこれからずっと、電気シェーバーやカミソリ・シェービングフォーム・肌ケアアイテム等を買い続けなければならないことに比べれば、安く済むことは確か。

どれくらい時間がかかるのか

「青ひげが目立たないくらい&髭剃りが面倒ではなくなるくらい」までを目標とすると、施術回数は『9回~12回』だ。
時間にすると、『1年半~2年』

毛周期に応じて施術をしないといけないため、施術は6週間~8週間置きとなる。
毎日通う訳ではないので、労力と呼べるほどの苦労はしない。

効果の出方には個人差があり、徐々に薄くなるような人もいれば、ある回数を終えた途端に薄くなるような人もいる。レーザー脱毛なら効果は確実にあるので、あまり神経質になる必要はない。

おすすめの医療クリニック

Dr.COBA(ドクターコバ)

ドクターコバ公式サイト
プラン料金が安い。
快適さや施術の質よりもとにかく安く済ませることを重視する人に最適。20回通っても11万円程度に出費を抑えられる。

5回コース:106,920円
6回目以降:108円

Dr.COBA(ドクターコバ)公式サイト

メンズリゼ

メンズリゼ公式サイト
スタッフが脱毛専門。
プラン料金は安くないが、施術の質やサービスの多さに重点を置いている。ストレスなく快適に脱毛を完了させたい人向け。

5回コース:98,800円
6回目以降:15,500円

メンズリゼ公式サイト

青ひげや剃り残しが仕事(営業)に与える影響

髭が営業に与える影響

今度は、髭のせいで被っている損失を改めて考えてみよう。

第一印象が悪い
これは致命的。ビジネスの場面だと露骨に不利になるだろう。顔に表れてなくても、心の中では不信感を抱かれている。取引や契約の妨げになるのは間違いない。
杜撰な人間と思われる
初対面では髭によってマイナス評価を受けることがほとんど。その後の関係にも響いてしまう。その状態から評価を上向きにするのは難しい。
自分に自信をなくす
実はこれが一番大きな問題。顔の良し悪しや髭の濃さよりも「自信なさ気」なふるまい・態度のほうが人に良くない印象を与えてしまう。堂々としていて自信に満ち溢れた顔であれば、青ひげが目立っていてもあまり悪い印象は与えない。

これらが営業成績に影響を与えるのは言わずもがな。
髭の悩みは日々の活力にも悪影響をおよぼしていることが多々ある
「なんだか疲れているな」
「今日も体が重い」
「とにかく毎日がきつい」
こうした倦怠感や疲労感を普段から覚えているなら、それはおそらく髭のせい

毎日、髭や髭剃りに悩み憂鬱になっていないだろうか。
そういう男たちこそ真っ先にヒゲ脱毛をやってみてほしい。
かつてない解放感を味わえるだろう。

ヒゲ脱毛はあくまで自分のため

営業マンイチオシのヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛は「自分への投資」とよく言われるが、それは少し違う。
多少のリスク(毛嚢炎や火傷)があるという点では投資なのかもしれないが、効果がないかもしれないという不確実性のリスクは全くないのだ。
ヒゲ脱毛をすれば一定の金額で、「確実に」結果が返ってくるのである。
こんなにローリスクハイリターンなものはそうそうない。

営業職の人たちにヒゲ脱毛の話をすると、「営業マンの髭は他社や取引相手に悪印象を与えるからヒゲ脱毛しよう」となりがちだが、本当に重要なのはそこではない。

重要なのは、『あなたがヒゲ脱毛することによってどう人生を変えられるか』である。
髭の有無が人生に影響を与えることは、髭に悩むあなたならばもう痛感しているだろう。

髭を剃るのが、決まりだから鉄則だからマナーだから…。
これはヒゲ脱毛をする最大の理由にはならない。

「ヒゲ脱毛への踏ん切りがつかない」とヒゲ脱毛しようかどうか迷っている男たちは、髭のない自分と今の自分を比べて、どっちがより最善か、自分にとって有意義なものとなるか、を考えてみよう。

それで、ヒゲ脱毛したほうが良いと判断できたのであれば、今すぐにヒゲ脱毛を始めることを強くお勧めしたい

Dr.COBA(ドクターコバ)公式サイトはこちら

メンズリゼ公式サイトはこちら

医療クリニック解説

ヒゲ脱毛の基本情報