髭がファッションに与える影響

髭とファッション
髭を利用したファッションには様々な「効力」がある。うまく髭を活かせれば、非常におしゃれなスタイルを演出することが可能だ。

髭がファッションに与える影響について考えてみよう。

髭の「効力」

  • 男らしさを出せる
  • 小顔効果あり
  • ギャップの演出
  • 落ち着いた雰囲気を醸し出す
  • 童顔を隠せる
  • 眼鏡を合わせることもできる
  • 自分を好きになる
  • 印象付けられる
  • 変装にも使える

髭があるかないかで、イメージは大きく変わる(変えられる)。そのため、ファッションとの組み合わせの幅が広がるし、顔と服装との絶妙なアンバランスさも出せる。

男が多種多様なファッションを楽しみたいのなら必須と言っていいほどに、髭は多才かつ多彩だ。

自分に適した髭スタイルを貫くことで、周りの評価も必然と上がってくるだろう。自分に対しての自信にもつながる。

髭は男の武器だ。ここぞという時に取り入れることによって、自分の価値を大いに高められる。使わない手はない。

しかし… 

毎日の手入れが欠かせない

逮捕された男性
髭はファッションにとてつもない影響を与えるが、一歩間違えればすべてが水の泡である

髭のせいでたちまち不衛生・不潔のレッテルを貼られ、ファッションの良し悪しなど関係なく蔑まれることになる。

自分に本当に適した形の髭を生やさないと、逆効果にしかならない。少しでも手入れを怠り、ボサボサな髭を生やすなら、犯罪者扱いされてもおかしくないほどだ。

それくらい髭ファッションは難しい。

特に日本において、髭は受け入れられていない。それも公私共に。

だからなおさら髭の管理をしっかりしなければ、自分をアピールするどころか、マイナスイメージを植え付けるだけになってしまう。

顔もファッションもその笑顔もすべてが裏目に出る。髭の手入れが不十分で全く似合っていないのにも関わらず自信満々な様子は、ひどく滑稽で気持ち悪いことこの上ない。

髭とファッションの関連性

バラバラのマネキン
毎日しっかり手入れし自分の顔に見合ったものを生やせば、髭はすばらしい効力を発揮する。人生を豊かにするだろう。それは確実だ。

だが、髭の扱いを誤り、過剰に自分を演出したとなれば、髭は一瞬にして嫌悪の対象と化すただの不細工なナルシシストに落ちぶれてしまうだろう。 

要するに、髭は両極端なのである。生やすなら覚悟を決めて生やそう。髭ファッションに自信がなければ、さっぱり諦めてしまったほうが賢明だ。

髭とファッションの関連性は「一長一短」。常に長所と短所が混在している。

こちらも参考にしよう

【髭で隠すのは逆効果】童顔コンプレックスを解消する方法
【髭を生やした男には気を付けろ!】髭に隠れた男の本性とは?
日本人に髭は似合わない?

基本的に髭は無いほうが良い

髭を生やした男
個人的には、
「似合うのなら髭は生やしても問題ない、むしろ、生やしてみるべき」だと考えている。

髭を使ったファッションは男にしかできないのだから、試してみる価値は大いにある

もちろん、髭に対して憎悪感情がなければだが…。

ヒゲ脱毛したサラリーマン
髭に何の憧れもない方には、ヒゲ脱毛を強くお勧めする。 

髭処理の時間はムダ以外の何物でもないし、幸い日本では髭が必要な場面はほぼない。安心して永久脱毛できる。

髭処理をしなくていい状態(=永久脱毛)にしてしまえば、

  • 時間を有効活用できる
  • いちいち髭の状態を気にしなくてよい
  • 肌を傷めることがない
  • 常に清潔に保てる
  • 見た目が若々しく明るくなる
  • 堂々としていられる
  • 自分の顔を引け目に感じる必要がない
  • 青髭の気持ち悪さ、ジョリジョリ感がなくなる

と、このようにメリットばかりである。
脱毛して後悔した、なんて話は聞いたことがない。

もしヒゲ脱毛を後悔することになるほど髭への憎しみがないのなら、しないほうがいいだろう。しかし、そうなると逆にヒゲ脱毛しなかったことを後悔するかもしれないが。

とにかく、日本人の大半はヒゲ脱毛したほうが、肉体的にも精神的にも人生が快適になるのは間違いない

ヒゲ脱毛するなら医療クリニックのレーザー脱毛にかぎる!

自分に適した医療クリニックの選び方