「見た目が9割」の事実

「その人物がどういう人間かを判断するには、見た目だけで9割分かる」とされるのが、この日本社会である。

見た目はそれほどに大事だ。
そして、この見た目とは、単なる顔の良し悪しだけのことではなく、

  • 容姿
  • 表情
  • 目線
  • 雰囲気
  • 佇まい
  • 姿勢
  • 服装

まで、すべて含めた総合的判断なのである。
性格や生き方、思考形態までが、内側から滲み出してくるのが人間だ。 

つまり、この「見た目が9割」論は、何一つ間違っていない
そう、何も、「見た目が悪い人は、性格も悪い」なんてことは一言も言っていないのだから…。

では、この見た目が9割な社会において、「髭」は見た目にどれほど影響するのだろうか。
人生にどれほどの影響をもたらすのだろうか。

「見た目が9割」をあなたは本当に信じているだろうか。

髭が見た目に与える不利益と損害

社会人の場合

髭に悩むサラリーマン
大人になっておしゃれヒゲを生やせる職場において、自分に合った髭を生やせているのなら、それは個性であり、特徴であり、すばらしいものである。
髭は前向きなものだろう。

しかし、たいていの場合、髭は仕事の都合上生やせないし、剃り残しや青髭があると、周囲からの評価が著しく下がる。また、髭をきちんと剃るのはかなりの労力がかかるうえに、それを毎日だ。

さらに、髭が濃いといくら毎日丁寧に剃っても見た目はよくならない。
むしろ、汚らしさが悪化する。
肌は荒れるし時間はかかる。
と、何一つ良いことがない

髭が濃い人は、髭をある程度生やせたほうが、見た目が悪くならないし、髭剃りの手間も省けて一石二鳥である。

剃る手間と肌を傷めるデメリットから考えると、髭を生やしてキレイにセットしたほうが間違いなく良い。 

しかし、髭を生やせる環境は限られる

「だったら起業しろ!」とか、
「髭OKな職に替えろ!」などという愚かな発言をする輩もいる。

誰もがそういう職業に就ける訳がないだろう。
それに、後付けの理由ではなく、
一般的な社会人(サラリーマン)が、髭によって不利益を被らないためにはどうすればいいのか、という話をしているのである。

このように、現状では髭は不利益と不快さしかもたらさない
過剰な同調圧力によって自分の頭でモノを考えることを放棄しているのが、この国の人間である。

論点を履き違えて自分の意見を持たないくせに、議論に参加しないと仲間外れにされているような気分になるからか、意味不明な口出しをせずにはいられない。
一人になることを極度に恐れているのだろう。

清潔感を大事にする文化はそれでいい。
それは、いいことだ。

だが、実務的な面にまで影響を及ぼしていては本末転倒である。
誰かが決めた曖昧な定義を盲信することを正義としているこの社会で、髭は、特に髭が濃い方にとって、不必要で邪魔な存在でしかない

思春期の学生の場合

髭に悩む学生
小学校高学年から中学生にあたる年頃の男子の場合は、髭は絶大な影響を及ぼす。
「見た目が9割」の基礎は、このあたりから色濃く人生すべてにまで反映され形作られてしまうのだ。

髭が思春期にもたらす不利益

  • 髭によって自分に自信を無くす
  • 他人の目が怖くなる
  • 他人に髭を指摘されるのがトラウマになる
  • 髭が目立たないようにうつむき加減になる
  • 猫背になる
  • 人と目を合わせなくなる
  • 他人に対して心を開かなくなる
  • 口を開けて笑えなくなる
  • 表情を表に出さなくなる
  • 性格が暗くなる
  • 雰囲気が暗くなる
  • 目線が不安定で挙動不審になる

etc.

髭がクラスの友達よりも少し濃い、早めに生えてきただけでこうなるのである。
こうなってしまったら、誰の言葉も耳に届かない。
励ましもねぎらいも何もかも、「嘘」でしかなくなる。

だったら自分がどうにかするしかない、と一人で強く思い込む。
他人が自分の髭を肩代わりしてくれるなんてこともあるはずがない。
ただただ、自分の容貌を憎み続けるだけである。

その思考に呑まれてもなお、社会を生きるには、相応の価値観と意志と自己愛が欠かせない。
すべてを自分の内側から捻り出すしかないのだ。
他人はまるであてにならない。心配されること自体が不快に思えてくる。

中高生の時は、ヒゲ脱毛するお金もないし、その選択肢すら思い浮かばない。
自分で出来る限りのことをしても何も変わらない。
髭はどんどん濃くなるばかり…。

そうして、自分を責め苛んだ果てに、彼はどうなるだろうか。
「見た目が9割」論に永久に、より深く傷付けられ続けるのである。 

これがこの社会の「常識的な空気」に他ならない。
子供の時点から、その空気に脅かされ生きているのだ。

彼らにとって、髭は憎悪の対象でしかない。

髭によって人生は乱される

「見た目が9割」のこの社会において、髭はお荷物だ。欠陥・ハンディキャップと言ってもいいかもしれない。
生きているだけで辱めを受けているような気分にさえなる。


ただそれだけでもたらされる「不幸」は計り知れない。
○○○に比べればマシ、みたいな言い方をよく聞くが、また論点が違う。

髭は、別に生きるうえでは生活自体に支障をきたさない。
いわゆる障碍ではないからこそ、蔑ろにされがちだし、軽んじられるし、そんなことで悩むな、と莫迦にされるのだ。 

髭のせいにして甘えているだけだろ、という意見も耳にするが、

それが正しいとすればこの世の問題の9割以上が、
「甘えるな」
で解決できてしまう。

どんなに理不尽に不条理に殺されようとも、「甘えるな。お前が悪い」で済ませられる社会は、言うまでもなく異常、常軌を逸している、狂気の沙汰である。

特に思春期の学生にとっては、髭によって人生を乱され狂わされ台無しにされている、と言っても過言ではないのだ。

健全な精神は健全な肉体にのみ宿る

この言葉は単に体の健康状態を言っているのではなく、体全体を含めた「見た目」のことも指している

まだ髭なんか生えてない時代は、確かに健全だっただろう。
しかし、髭によって健全な肉体が損なわれると、
そこから精神的にも綻びはじめ、不健全な精神が宿ってしまうのだ。

とにかく根拠のない暴論で他人を貶めるな、ということ。 
浅はかな人間たちによって「見た目が9割」が無意識のうちにも社会全体に浸透し、あらゆる事象の足枷となっているのである。

分かりやすい具体的な見た目では判断できない、性格部分が腐っている人間はめずらしくない。

髭によって不利益を被ってきた人たちと、それらの人格破綻者は永久に分かり合えることはないだろう。

だから、関わるな。

お互いにそれがベストだ。

物理的にそれが無理な場合は、できるかぎり心を乱されないように当たり障りない対応で済ませてしまおう。

結論:髭が人生に与える影響

「これからも生きていこうとするならば、この社会において、髭は不要。ただ不利益を被るため異物でしかない」のであり、

また、

「髭さえなければ、不当に評価されることもなく、何の気兼ねなく努力ができる認められる人生になる」のだ。

つまり、
「できるかぎり早めにヒゲ脱毛して、髭の苦しみから逃れたほうが今後の人生のためになる」

これが現時点での結論である。
この社会においてはこう結論付けるしかない。

髭が人生に与える影響は、悩みの度合いによって大きく変わる。
思春期に髭が濃くても、理解のある友人が周りにいれば、髭が濃いことをマイナスに考えることは無かっただろうし、「大人になったらヒゲ脱毛しようかな」と思う程度のものだっただろう。

この見た目が9割の社会においては、髭とそれを見る周囲の人間たちによって人生が大きく左右されるのである。

そんな子供の頃に、他人の目を気にしない鋼の心の持ち主なら、大した不利益ではなかったかもしれない。
しかし、どちらにせよ普通の子供ではいられなかっただろう。

とにかく髭は不利益を被らせるだけの存在なのである。 

思春期の頃から大人になった今でも、髭に悩み続けている方がいたら、ぜひ「ヒゲ脱毛」を考えてみてほしい。
これまで積み上げてきた努力がストレートに報われる日々がすぐに訪れるようになるはずだ。

少なくとも、他人に害をもたらされたり不潔なものを見るような目で見られたりなどの不快な思いはしなくて済むようになる。

過去のことはヒゲ脱毛でスッパリ解決して、これからの新たな人生のことを考えよう。 

ヒゲ脱毛について【基本情報】

ヒゲ脱毛で得られること【まとめ】
ヒゲをまったく生えてこない状態にするための費用はいくらかかるのか
【保湿は絶対!】ヒゲ脱毛前後のケア方法
【ヒゲ脱毛】医療クリニックの選び方