遺伝に抗う

遺伝
髭の濃さは、ほとんど「遺伝」で決まってしまう。
そのため、髭が濃くて悩んでいる男たちは、その苦しみからは決して逃れられない。

日々繰り返す髭剃りによって肌は荒れ、ニキビは出来放題、顔は青髭で醜く染まり、常に病的な気持ち悪さを醸し出す…。 

これは一体何の罰なのか? 

罰なのだとすれば、一体どんな罪を犯したのか。
なぜこれほどまでに髭に苦労させられる人生を送らなければならないのか。

あまりの理不尽さと不条理さに、ふと涙をこぼしてしまいかねない…。 

「遺伝や体質で髭の濃さは決定する!だから諦めろ!」
そう思うしかないのだろうか。
髭の髭による髭のための人生だと受け入れてしまうしかないのだろうか。 

世の中には髭が薄くて悩む男もいるらしい

女々しい
髭が薄くて困ってる?
正直、「何言っているんだ?コイツは?」としか思えない。

髭が薄いのなら喜ぶべきだろう。
髭剃りに苦労しなくてよい、肌荒れに苦しむ必要のない人生を送れるのだから。むしろ、「それ以上の幸福がどこにあるのか」と問い質したいレベル。

髭が濃いことの苦労を分かっていない。いや、想像すらもできないのだろう。
だからそんな女々しいんだよ」と言いたくなる。

まるで、自分に髭さえあればもっとカッコよくなれるのだと信じ切っているかのようだ。自惚れが甚だしすぎやしないか?

髭があればカッコよくなれるとでも?男らしくなれるとでも?
勘違いが過ぎるだろう。

髭が薄いのなら、それ以上を望むな。
それだけで君らは十分に得した人生を送れているんだよ。

髭の薄い男を見るたびに、
君は日本に生まれて来れて良かったね
と心の中で自嘲気味に投げかけざるを得ない。

これらは全部、髭が薄いことに嫉妬しているが故の言葉である。 

どうにか薄くできないのか

遺伝身長
髭の薄い男を嫉妬したり親を恨んだりしても、どうにもならない。
そんなことはもう分かり切っている。

だからこそ、何か打開策が欲しいのだ。

遺伝するのは髭だけでなく、もちろん顔や体型などもだが、髭はそれらとは訳が違う。
容姿の良し悪しで、「物理的な」ダメージを受けることはない。
しかし、髭の場合は、髭剃りという行為によって、物理的なダメージも受けるのである

スポーツや筋力トレーニング、意識の持ち方によって改善できる顔や体型と違って、髭はただひたすらに伸び続けるだけで、自分の力だけでは変えようがない。

濃い髭を薄くすることは、背が高い人の身長を縮ませることに似ている。
つまり、非常に難しいということ。

だからこそ、髭が濃い男たちのために、遺伝に抗う打開策がないか模索してみた。 

髭が濃い人と薄い人の違い

ホルモン
一般的に、髭が濃くなる原因は男性ホルモン「テストステロン」の影響とされている。

テストステロンの作用
  • 筋肉増大
  • 骨格の発達
  • 陰毛の発毛に関与
テストステロンが分泌されやすくなる要因
  • 筋力トレーニング
  • 不安定な興奮(闘争や浮気)
  • 危険な行為

テストステロンは、95%が睾丸で作られる
公平性や正当性にも影響し、孤独願望や闘争本能を高める働きもある。

参考:wikipedia テストステロン

では、テストステロンの分泌量を減らせば髭は薄くなるのか。
筋力トレーニングをやめ、感情を昂らせなければ、テストステロン分泌量は減るのかもしれない。

ところが、髭が濃いからと言って、テストステロンの分泌量が多い訳ではないようだ。 

参考:外部サイト(http://mentalfloss.com/article/54444/why-cant-some-men-grow-facial-hair

実は、テストステロンの分泌量は、男性なら誰でも同じくらいで、劇的な違いはない

髭の濃さは、テストステロンが体とどれくらい反応するかに影響されるとのこと。
テストステロンに敏感なほど髭が多くなり濃くなるという訳だ。

となると、ますますどうしようもなくなってくるように思えるが…

健康な体を手に入れる

ジョギングする男性
上述した通り、テストステロンへの反応度(遺伝や体質)が髭の濃さの要因であるが、それが100%という訳ではない

一時的にテストステロンの分泌量が増えている可能性もあるし、一時的にテストステロンに敏感に反応してしまっている可能性もある。

つまり、体が不健康であるために、髭が濃くなっている可能性があるということだ。

今、あなたは健康だろうか? 

栄養・休養・運動のバランスはとれているだろうか?
ストレス過多になっていないだろうか?

実際のところ、この現代社会では、健康な人間のほうが珍しいだろう。
程度の差こそあれ、誰もが何かしらの不調を抱えながら生きているはずだ。

健康な体を手に入れよう。
健康な体になれば、髭は正常な濃さになる(=薄くなる)はずだ。 

日光を浴びるとヒゲが薄くなる!?~勝ち組スパイラルを身に付けろ~

それでもダメな場合の手段

メンズリゼ

健康的な生活を続けても、髭が異常に伸びて、これまでと何ら変化がない場合でも、遺伝だからと諦めずにやれることはある。

それが『ヒゲ脱毛』だ。

医療クリニックの医療レーザー脱毛なら、どんなに濃い髭もなくすことができる。
本人がいかに不健康であっても、何の関係もなく髭を生えなくさせられるのだ。

時間もお金もかかるが、このまま髭の濃さに苦しみ続けるよりは、はるかにマシである。いや、髭に悩まされない手段があるということ自体に感謝すべきかもしれない。

とは言え、健康は何物にも代えがたい財産
健康な体は、常に維持しておくべきであることは間違いない。

髭の濃さはほぼ遺伝によるものだが、諦めるのはまだ早い。

髭で人生を台無しにさせられる前に、ヒゲ脱毛してしまおう。 
それが最善策である。

ヒゲ脱毛の詳細ページ

ヒゲ脱毛するなら医療レーザーで間違いナシ!
ヒゲをまったく生えてこない状態にするための費用はいくらかかるのか
ヒゲ脱毛を「完了」させるのは5回で可能なのか、とことん検証