まえがき:ヒゲ脱毛は今すぐ始めるべし

ヒゲ脱毛でキレイな肌を

脱毛を迷う男

脱毛を迷う男
ヒゲ脱毛を始めたいんですけど…いろいろ不安です

ヒゲマスター
以下から、不安も疑問もゼンブ解消できるように解説しよう!
ヒゲ脱毛は早ければ早いほど良いからね

 
なぜあなたはヒゲ脱毛を考えているのだろうか。 

ヒゲ脱毛を考えているということは、髭を無くしたいと思っている訳だ。
髭を無くしたいということは、髭に関する多くの悩みがある訳だ。

ならば、今すぐにヒゲ脱毛を始めればいい

なぜあなたはヒゲ脱毛を始めていないのだろうか?
なぜヒゲ脱毛をせずに迷い続けているのだろうか?
なぜ髭に苦労させられ続けているのだろうか?

髭なんて全部今すぐになくなってしまえばいい、そう思っているのだろう。
人生を髭に台無しにさせられてきたのだろう。

ならば、今すぐにヒゲ脱毛を始めるべきだ

日々の髭剃りで荒れ果て赤黒くくすんだ肌のまま、これからも生きるのか。
顔面を覆い尽くした気持ち悪い青髭と共に惨めに死に絶えるのか。

それとも、
ヒゲ脱毛して髭の悩みとは無縁の生活を送るのか。

どちらがいいのかは自明の理のはずだ。

それでも踏み出せないのなら、ヒゲ脱毛への疑問をすべて洗い出し、躊躇いも迷いも一切なくなるように徹底的に解消してみよう。

そうすれば、逆に、なぜ自分は未だにヒゲ脱毛を始めていないのか、と疑問に思うことになるはずである。

これ以上、髭ごときに人生を無駄にさせられてはならない

今からヒゲ脱毛を始めるならここを参考にしよう

ヒゲ脱毛の効果は本当にあるのか

ヒゲ脱毛に効果はある

脱毛を迷う男
ヒゲ脱毛に本当に効果があるのか心配なんですけど…

ヒゲマスター
大丈夫、ちゃんと効果はある。その点はまったく心配しなくていいんだ

あなたが足踏みしてしまっている要因No.1は間違いなくコレだろう。

「本当に効果があるのか」 
「本当に髭が無くなるのか」 

これを疑問に思うのは当然のことだ。
はじめは誰だってそう思う。いたって普通である。

ヒゲ脱毛を完了している人のほとんどもはじめはそう思ったことだろう。

ネットでヒゲ脱毛の効果について調べてみると、さまざまな体験談が見つかる。
脱毛前と脱毛後の髭を比較した写真は枚挙に暇がない。

そしてそのどれもが見事に髭がなくなってキレイになっている写真ばかり。
多少の差はあれど、みなヒゲ脱毛で髭を無くす(薄くする)ことができているようだ。

中には、「1回の施術で髭が薄くなってきました!」とか「髭は時間がかかると聞いていましたが、5回で十分でした!」などの報告も散見される。

普通の見方をすれば、「ヒゲ脱毛には効果がある」ととらえられるのだが、そう簡単に髭がなくなるはずない、と穿った見方をしてしまうかもしれない。

髭のせいで苦しんできたあなたならなおさらだ。

でもこれは、『半分正しくて半分間違い』である。

その体験談が嘘偽りなのかは、実際のところ、本人に確認してみるしかない。

問題はそこではなく、重要なのは「ヒゲ脱毛には個人差がある」ということだ。

1回で髭が薄くなるような人もいれば、10回でもあまり変化のない人もいる。
5回で十分だと思う人もいれば、15回でも満足できない人もいる。

そもそもヒゲ脱毛を始める前の段階で、髭の濃さ、硬さ、太さ、密度、生える速度、肌質などすべてが異なっているのだ。

だから当然、ヒゲ脱毛の効果が出はじめるタイミングも異なるのである。

さらに言えば、「ヒゲ脱毛の完了」も定義が著しく異なっている場合がほとんど。

ツルツルにしてようやく完了という人もいれば、
髭剃りが週1回程度でよくなったくらいで完了という人もいる。

つまり、あなたがヒゲ脱毛でどのくらい髭を無くしたいかによって、「ヒゲ脱毛の効果」は大きく変わってくるのだ

以上は、『半分間違い』の部分の解説である。

次は、『半分正しくて』の部分を解説しよう。
と言っても、これは非常に単純だ。

多くの体験談から分かることは、誰もが「確実に」ヒゲ脱毛の効果が出ているということである。

そう、「ヒゲ脱毛に効果はある」のだ。
この点を心配する必要は一切ない。

多少の個人差があることはすでに述べた通りで、ヒゲ脱毛を始めさえすれば、遅かれ早かれいずれ髭をなくすことができる訳だ。

ヒゲ脱毛の効果は普遍の事実であり、不変の解である。

ヒゲ脱毛の効果を疑っているのなら、それは疑うだけ無駄だ。
疑ってみたところで、あなたの髭には何も変化は起きないのだから。

さあ、もう足踏みはやめて、ヒゲ脱毛をはじめよう。
これ以上、髭ごときに時間を奪われてはならない。

個人差があることをよく理解しておく

効果には個人差あり

脱毛を迷う男

脱毛を迷う男
何回くらいで効果が出るんでしょうか?
ヒゲマスター

ヒゲマスター
髭の場合は6回目以降が目安だけど、効果の出るタイミングは個人差がある。あまり人と比較しないようにしよう!

上述したようにヒゲ脱毛の効果が出るタイミングには個人差がある
このことはしっかり覚えておこう。

わずかな回数で髭がなくなって満足しているような人の体験談を見てしまうと、なかなか効果が出ないことに、

「もう5回も施術したのに、たいして濃さが変わらないんだけど…」
「ヒゲ脱毛に効果があるなんてやっぱり嘘だ…」
「ヒゲ脱毛なんてしなければよかった」

と焦ってしまいがちである。性急な判断を下してしまいがちである。

ヒゲ脱毛に効果があるのは間違いないので、あとは、粘り強く通い続けるだけ。
効果が出るまで通い続ければ、絶対に効果が出ないなんてことにはならないのだ。

ネット上の体験談の中には、確かに誇大広告的なものがないこともない。

脱毛前の写真で、あえて髭をきっちり剃らずに残して青髭がひどいこと主張してみたり、3日間髭を剃らずにいながら「朝髭剃ったのにもうこんなに伸びてます」と濃さをアピールしたりしているものも、残念ながらある。

また、施術の回数ごとに髭の濃さを調整している写真も見受けられる。
施術をするたびに、髭が徐々に薄くなっているような写真は間違いなくそうだ。5回目以降に段階的に薄くなるのは理解できるが、1回目が終わった瞬間から薄くなり2回目以降も薄くなり続けているのは、正直、信用に値しない。

本当に髭に悩んだ末にヒゲ脱毛したのか。 

これは、髭の生え具合や体験談の文章を見れば、すぐに分かってしまう。
そういう小細工をするようなサイトの人物は、別に特に髭に困っていないような人種ばかりである。

だから、そんな人間の体験談は当てにしなくてよい。
あなたはあなたのペースでヒゲ脱毛を完了させればいいのだ。

ヒゲ脱毛の効果の出方

ツルツルには相応の時間がかかる

脱毛を迷う男

脱毛を迷う男
ヒゲ脱毛は何回くらいで終わらせられるんでしょうか
ヒゲマスター

ヒゲマスター
髭の場合は平均9~12回。満足できるまで通い続けるという覚悟が大事だね!

もしかしたら本当に1回で効果が出るような人もいるかもしれない。
本当に5回でツルツルになる人もいるかもしれない。

しかし、髭の場合、少なくとも10回はかかるというのが事実である。

肌がツルツルになった、髭剃りが週に1~2回でよくなった、という状態まで髭を無くすには、平均で9回から12回だ。

髭の毛周期に合わせるので、施術は6週間~8週間置き。
10回で1年半~2年かかることになる。

最初の5回くらいではほとんど見た目に変化は現れないと思っておいた方がよい。 
多少髭が剃りやすくはなるが、他人が見ても何も分からないくらい。

効果が出始めるのは、6回目以降。
それから顕著に髭がなくなってくるはずである。

もちろん、どこまで髭を無くしたいかによって施術回数は変わってくるが、髭の悩みと無縁の生活を目標にするなら、10回はゆうに超えると覚悟しておこう。

ヒゲ脱毛の効果は一概には言えない。
必ずしも髭の濃い人のみが時間かかる訳ではなく、髭がそんなに濃くない人でも時間がかかることがある。
肌質や髭質などの個人差が大きく影響してしまうのだ。

平均から見れば、髭は他の体毛よりも圧倒的に回数が多くかかることは確か。
それは、髭が(他の毛より)濃く硬く太く、再生力があるためである。

ヒゲ脱毛は長い戦いになることは間違いない。
髭が生えるという男にとってごく自然な現象を無理やり打ち止める訳だから、時間(回数)がかかるのは当然。

むしろ、1回や2回くらいの施術で髭がなくなってしまう方が恐ろしいだろう。

お金をかけずにヒゲ脱毛はできない

お金をかける価値はある

脱毛を迷う男
やっぱり、いくらかかるのかが気になります…

ヒゲマスター
当然回数で上下するが、完了までは15万円前後かかると見ておこう

時間(回数)がかかることは上で述べたが、やはり、お金(費用)もそれなりにかかる

が、これまで髭に使った費用を考えてみてほしい。

ヒゲ脱毛をするのは、さまざまな方法を試行錯誤し、どうにか髭を無くそうともがいた末に、ようやくその手段にたどり着いた男たちばかりだ。

きっとあなたもその一人のはず。

脱毛クリームを使ってみたり、
抑毛クリームを試してみたり、
イソフラボンを摂取してみたり、
シェーバーを何度も買い替えたり…

それでも何の効果も出ず、すべてが徒労に終わったことだろう。

多額の費用をかけたのにもかかわらず、何の効果も出ずに絶望する。
これではマイナス以外の何物でもない。ただ損しているだけだ。 

髭処理のために費やしたお金は総額でいくらになるだろうか。
頭を抱えたくなるほどの額になるのではないだろうか。

でも、安心してほしい。
ヒゲ脱毛は、そこらの中途半端な「安くて即効性のある」方法とは違う。

お金をかければ効果を得られる「確実な」手段なのだ。
要は、お金で「髭に悩まない自分」を買うことできるという訳である。

もうこれ以上、髭に余計なお金をかける必要はない。
ヒゲ脱毛を始めさえすれば、もう髭に浪費させられることはなくなるのだ。

ヒゲ脱毛そのものにかかる費用を見れば、確かに高い。

だが、ヒゲ脱毛で得られるものを考えてみると、また、これまで髭に使った金額から考えてみると、圧倒的にコスパが高いことは想像に難くないはずだ。

髭に悩んでいるのにヒゲ脱毛をしない、ということが何よりもお金のかかる贅沢な選択なのである。

効果を出すには、レーザー脱毛一択

YAGレーザー

脱毛を迷う男

脱毛を迷う男
医療クリニックのレーザー脱毛じゃないと効果がないって本当ですか?
ヒゲマスター

ヒゲマスター
その通り。しぶとく濃い髭には医療行為としてのヒゲ脱毛が必要不可欠なんだ

ここまでヒゲ脱毛と一口に言ってきたが、指しているのは、
「医療クリニックの医療レーザー脱毛」だけである。

その理由を解説しよう。

ヒゲ脱毛をする方法は現在では大まかに3種類ある。
フラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛だ。

フラッシュ脱毛は、光で毛根を刺激し、毛を生えなくさせる方法である。
レーザー脱毛の簡易版と思っておけばよい。
光の出力がレーザーに比べて格段に弱いので、痛みが少ない代わりに、効果も少ないというお手軽さがウリの手段だ。

エステサロンで使われているのは、全部フラッシュ脱毛機である。
女性の産毛程度ならば、フラッシュ脱毛でも効果を見込めるが、多少、光を当てたところで、男の髭には何の効果もない。

安くて痛くなくてお手軽。
ヒゲ脱毛を始めるにはうってつけのワードが並んでいるため、とりあえずで申し込んでしまう人も多い。

だが、安易に手を出すのはミステイクである。
もう分かっていると思うが、髭は「そんな簡単になくならない」。

余計な時間と無駄なお金をかけるのは、もうコリゴリのはずだ。

それに、フラッシュ脱毛がお手軽なのは、エステサロン側にとってもそう。
なにせ資格が一切いらない。
フラッシュ脱毛機は誰にでも扱うことができるのである。

家庭用脱毛器も全部フラッシュ脱毛だ。これも当然、安易に買ってしまってはならない。

レーザー脱毛は、光で毛根を焼き尽くし、毛を生えなくさせる方法である。

光の出力がフラッシュ脱毛よりも圧倒的に強いので、大きな痛みを伴う代わりに、確実な効果が得られるという訳だ。

レーザー脱毛によるヒゲ脱毛を行なうには、資格が必要となる。
資格を持った医師、看護師のいる医療クリニックでしか施術できない。

そのため、効果は保証されているし、アフターケアや肌トラブルにも万全な対応をしてくれる。

フラッシュ脱毛よりも料金が高いこともそうだが、何より「痛い」ことが効果のある証と言えよう。

痛みに関しては、麻酔などの痛み軽減対策がしっかりなされているので、痛みが苦手な方でもなんとかなるはずだ。

ニードル脱毛に関しては最終手段である。
これは初めからやるものではない。

毛1本単位での施術になるので、レーザー脱毛よりもはるかに時間とお金がかかる。痛みも桁違いに強い。

正直、まったく実用的な手段ではないのだ。
ただ、今現在「本当に死ぬまで毛を生えなくさせることのできる」唯一の方法である。

レーザー脱毛を繰り返しても、なぜか2~3本生えてくる毛があって、どうしても気になる!という時に利用しよう。

以上から、現状では、「医療クリニックの医療レーザー脱毛」一択なのである。

それ以外の方法はまた遠回りしてしまうだけなので、素直に医療クリニックでヒゲ脱毛は始めよう。

医療レーザー脱毛について
エステサロンのヒゲ脱毛について

どの医療クリニックのヒゲ脱毛が効果的か

大手医療クリニック

脱毛を迷う男

脱毛を迷う男
医療クリニックってどこにすればいいんでしょうか?
ヒゲマスター

ヒゲマスター
大手のクリニックしておけばOK。サポートや保証が充実しているからね

では、どの医療クリニックに通うべきなのか。

ここで悩むのもまた時間の無駄である。
ということで、とにかく大手のクリニックを選ぼう

価格も個人経営の診療所よりも安いし、実績も多数ある。プランやサービスも豊富だ。
また、だいたいどの地域にもクリニックは配置されているので、絶望的に遠いこともない。

今すぐ始めて快適に終わらせるためには、大手クリニックで決まりだ。

ヒゲ脱毛を行なっている代表的な大手医療クリニックは、

の3院。

この中ならどこを選んでもよい。
一番通いやすい距離にある医院にするのがベストか。

医療クリニック選びはこちらを参考に

各クリニックの詳細はこちら
東京・大阪・愛知に住んでいる(近い)方は、このクリニックがお勧め

髭をまた生やしたくなるかもしれない?

今は髭をなくすべき

脱毛を迷う男

脱毛を迷う男
ヒゲ脱毛して髭がまったく生えなくなると将来的に困ることになるんじゃ…?
ヒゲマスター

ヒゲマスター
心配ご無用!ヒゲ脱毛は死ぬまで生えなくなるわけじゃない。それに、今、髭は間違いなくいらないモノのはずだろう?

中には、「将来的に髭はあったほうがいいかもしれない」と危惧して、ヒゲ脱毛を始めるのをためらっている方もいるだろう。

だが、それは単なる杞憂に過ぎない

本気で心の奥底から髭に悩んでいるのなら、そんなことをいちいち考えたりするはずがないからだ。

髭がなくなること、に少しでも躊躇いの感情があるのなら、ヒゲ脱毛なんてするだけ時間とお金のムダ。今すぐ別のことに頭を切り替えよう。

髭のせいであらゆる苦しみを味わってきたのなら、そんなことで悩む必要はない。
今すぐヒゲ脱毛を始めるべきである。
後悔なんて絶対にしないと断言しよう。

だが確かに、将来的に髭がなくては不自然なこともある。

50歳をゆうに超えたオッサンが、髭がなくてツルツルの状態だと違和感がありすぎて気持ち悪く見えるだろう。
威厳も貫禄も何もない男だと認識されるかもしれない。

ある程度歳をとってくると、今度は逆に、「髭がないことで不利益を被る」可能性がないこともない

髭が濃くて困っていたかと思えば、髭がないことでまた困る…。
髭は本当に厄介なモノだ。

ヒゲ脱毛をやる気満々だったあなたも、ここまできて少し躊躇いの気持ちが出てきてしまったのではないだろうか?

しかし、それこそやっぱり杞憂である。
安心してほしい。

なぜなら、医療クリニックのレーザー脱毛は「永久脱毛」とされているが、実は死ぬまで生えてこない訳ではないからだ。

上のヒゲ脱毛の方法で述べたように、永久に生えさせなくできるのは、ニードル脱毛だけ。唯一この脱毛方法のみ髭が死ぬまで生えてこなくなる。

では、レーザー脱毛の「永久」とは何か。
それは減毛率のことである。

端的に言うと、「将来全く生えなくなる訳ではない」ということ。

もちろん、レーザー脱毛を完了させれば、髭を完璧になくすことができる。
ツルツルにも当然できる。
何度も言うように効果は確実にある。

しかし、そのまま何年も放置していると、髭はまた生えはじめるのだ。

それが、いつになるのかははっきりと分かっていない。
こればかりは人それぞれと言ってしまう他ないだろう。

とは言え、最低でも5年、長くて20年はもつ。

将来の髭がない自分を妄想して、不利益を被ることを危惧するのは、ヒゲ脱毛を終わらせてからでも遅くない。

ヒゲ脱毛を始めるのが早ければ早いほどいいという理由の一つがこれ。
早めにヒゲ脱毛を完了させれば、将来髭を生やすかどうか選べるのだ。

何よりも「今」を重要視しよう。
今は間違いなく髭なんていらない。

体への影響が怖い?

自己処理ほど悪影響はない

剃刀負け

脱毛を迷う男
レーザー脱毛って効果がある分、やっぱり副作用とか体に悪影響があるんじゃ…?

ヒゲマスター
絶対にないとは言えない。だからこそ、適切な治療を施してくれる医療クリニックでのヒゲ脱毛を勧めているんだ

医療レーザー脱毛に効果があることは分かった。でも、肌が荒れたり副作用があったり何らかの悪影響があるんじゃないか?取り返しのつかないことになったらどうする!

などと考えて、ヒゲ脱毛をなかなか始めようとしない方も中にはいるだろう。

だが、それであなたは満足なのか?と問いたい。

ヒゲ脱毛をしない理由なんて無限に思いつく。
ヒゲ脱毛を始めないことなんて誰にでもできるのだ。

副作用?肌トラブル?

そんなのは脱毛を始めてから心配すればよい。

レーザー脱毛は、光で毛根を焼くことで毛を生えなくさせる脱毛方法だ。
当然、場合によっては火傷するかもしれないし、刺激の強さで肌が荒れることもあるかもしれない。

しかしだからこそ、「医療クリニックでのレーザー脱毛」を勧めている訳だ。

サポートも保証も充実しているし、カウンセリングで事前に肌の状態や肌質について伝えていれば、それ応じた施術をしてくれる。
また、ケア方法や注意点も分かりやすく説明してくれる。

だから何も心配する必要はない。

きちんとした医療施設で資格を持った医師・看護師に医療行為として、ヒゲ脱毛をしてもらう。

これほど万全を期した脱毛方法はどこにもない。

それに、レーザー脱毛によるトラブルを心配するくらいなら、まず自己処理の肌への負担について疑問を呈するべきだろう。

自己処理は、(もう分かっていると思うが)とんでもなく肌を傷める。

肌への負担を少なくする一番の方法は、「髭を剃らないこと」。
であるために、自己処理の場合はあえてきっちり剃らないようにしなければならない。

そうなると当然、髭は不自然に残る。

かと言って、肌を傷める覚悟で髭を剃ったとしても、青髭が目立つし肌荒れも際立つ。

どうにもならず途方に暮れるしかない。
それが髭に悩める男の不遇な実状である(これももう分かっているだろうが)。

だが、ヒゲ脱毛をすれば、「髭を剃らないこと」をそのままの意味で実現できるのだ。

髭剃りで肌を傷める心配も、時間を無意味に使うことも、何もかもいらなくなる。
正直、お金で得られるものの中で、ヒゲ脱毛ほど実生活に直結するくらい有益なものはない、と断言できるくらいだ。

人生のパフォーマンスが大きく改善されるだろう。

実際には起こりもしない未来のトラブルを不安視して、これからも自己処理を続けるなど絶対にお勧めしない。

トラブルは万が一起こった時にだけ心配すればよい。
そんなことより、髭剃りが苦痛&髭の濃さに悩んでいる「今の自分」を大切にしてあげよう。

痛み対策は徹底されている

アイシングで痛みは抑えられる

脱毛を迷う男

脱毛を迷う男
レーザー脱毛ってものすごく痛いって聞いたんですけど、実際にはどのくらいなんですか?
ヒゲマスター

ヒゲマスター
確かに痛みは強い。でも、麻酔を使えるしアイシングもしてもらえるし、我慢できないほどではないよ

医療レーザー脱毛には、大きな痛みが伴う。
これが気になって、ヒゲ脱毛に踏み切れない方も多いのではないだろうか。

だから、ハッキリ言っておこう。

とてつもなく痛い! 
でも我慢するしかない! 

気休めの言葉は余計に迷いを抱かせるだけである。

よく言われるのが、「ゴムをパチンと当てられたような痛み」。

全然違う。 控えめ過ぎる表現だ。
そのくらいだったらどれだけ楽だっただろうか。

実際には、「熱されたはんだごてを一瞬当てられる」くらいの痛みである。

医療レーザーの仕組みがそもそも、光による熱で毛根を焼き尽くすようになっているのだから、本当に比喩でも何でもなくそんな感じ。

一瞬だけならまだいい。それが連続で照射され続けるのだ。
痛くない訳がない。

まあ、だから確実な効果を見込めるのだけども

とは言え、医師も看護師も、患者が痛みに耐え抜き苦しむ姿を見るのが趣味な訳ではない(もしかしたらいるかもしれないが)。
どのクリニックにもきちんと痛み軽減対策がある。
安心しよう。

まず、麻酔
追加料金はかかるが、これで痛みを大幅に軽減することができる。痛みを耐え抜くなんて嫌だ、という方は最初から利用しよう。

それから、アイシングと軟膏
施術中は看護師さんが氷や冷タオルで肌を冷やしてくれるし、施術後は軟膏を塗ってくれる。こまめにアイシングするように頼めば、麻酔よりもはるかに痛みを取り除くことも可能だ。

「麻酔は絶対に使わない」
と決めているような人も中にはいるが、特にこだわりがなければ使ってしまったほうが精神衛生的にも非常にラクなのは間違いない。
実際、ヒゲ脱毛の場合、男の7割近くが麻酔を使う

痛みを恐れてヒゲ脱毛を始められないなんて、もったいないことこの上ない。
麻酔を使い、アイシングをこまめにしてもらえば、「少し我慢すればいい」くらいの痛みに軽減できるので、心配は無用だ。

痛みの強さは効果のある証である。

学生諸君はどうすべきか

髭を活かす

ため息

脱毛を迷う男
学生の頃からずっとこんな感じの青髭なんです…
ヒゲマスター

ヒゲマスター
ならばなおさらヒゲ脱毛を始めるべきだね。今からなら十分に間に合うよ

お金で解決できる大人よりも、どうにもできず悶々とするしかない学生の方が、はるかに髭の悩みは重く苦しい。

これを読んでいる方の中には、今まさに髭に悩んでいる学生諸君もいるだろう。

思春期に髭が濃いのは本当にツライ。 

どうしても友人たちと比べてしまうし、顔の成長に比べてオッサンに見られてしまう。
さらに、肌は荒れるし、青髭が目立つ。

さまざまな髭対策方法を試してみても、何も効果が出ず絶望しているのではないか。

お金のある大人に対してであれば、何度も述べているように、「とにかくヒゲ脱毛をはじめるべき」と言えるのだが、さすがに中学生や高校生にそうは言えない。

学生も大人も関係なくお手軽にヒゲ脱毛を始められればいいのだが、金銭面的にそれは難しいだろう

ゆえに、髭の苦しみは根強く将来に影響を及ぼすほどのものになってしまう。
人格形成の障害となる例も少なくない。 

ヒゲ脱毛をした男たちの中には、そうした悶々とした学生時代を過ごした人が大勢いる。
彼らにとってヒゲ脱毛がどれほど救いとなったかは想像に難くない(というより実体験)。

だが、その男たちは髭が無くなったことを安堵すると同時に、こうも思う。思わざるを得ない。

「もっと早くヒゲ脱毛できていれば、人生は今とはまったく違ったものになっていただろうに…」と。

だからそうなる前に、後悔することになる前に、なるべく早くヒゲ脱毛は始めるべきなのである。

では、学生諸君はどうすべきなのか

それを今から教えする。大丈夫、髭ごときでわざわざ悩む必要はない。

髭はヒゲ脱毛を終わらせてからも伸びる

成長期は髭が伸びやすい。次々に生え変わるし、それ以降もどんどん濃くなっていく。

そのため、10代のうちにヒゲ脱毛しても、一時的にツルツルになりはするが、「毛根の再生速度が速い&髭の生える面積が増える」ことにより、大人になってからまたヒゲ脱毛をしないといけなくなる可能性があるのだ。

だから、ヒゲ脱毛は成長期を終えてから(だいたい身長の伸びが止まってから)のほうが、圧倒的に効率が良いのである。

髭が生えるのは将来的に見ればチャンスになり得る

どうしても今すぐでなければならない?
それほどにあまりにも髭が苦痛過ぎてまともに生きてられない?

なのだとしたら、家族にお金を出してもらうしかないだろう。

しかし、十万円前後のお金をサラッと出してくれる家族はそうそういないのではないか。
それに、たとえ金銭面はどうにかなっても、高校生だと保護者同伴でなければ施術を受けられないクリニックがほとんどだ。

未成年であることはとにかく不便だ。 
お金もないし自分のしたいように動けないことが多い。

でもこれはチャンスでもある。

髭や見た目ごときに左右されない人格を作るチャンスなのだ。

ヒゲ脱毛して髭がなくなってそれで何を得られるのか、を考える

ヒゲ脱毛した男たちの中には「もっと早くヒゲ脱毛できればよかったのに」と後悔する人が多い、ということは上で述べたが、これはあくまで結果論である。

彼らもきっと分かっているはずだ。
髭のせいして青春を謳歌しようとしなかった自分の未熟さに何よりも後悔の念が残る」と。

今は確かにツライだろう。

だが、髭の苦しみが分かることで、他人に対して大らかに優しくなれるのではないだろうか?

髭がなければすごいのか?
そんなことはない。

髭がなければ偉いのか?
そんなはずはない。

どうせ遅いか早いかの違い。髭はいずれ誰にでも生えるのだ。

日本人特有の陰湿な気質においては、他者とちょっと異なるだけの存在を非難し否定し攻撃することが正義となってしまっている。

場の空気を読むことだけ考え、他人に迎合し、個性を押し殺し、無難に無様に生き続けるのか?

そんなのは何も面白くない。
面白くもなんともない。 

髭は人間の本質を見るきっかけとなる

髭が生えているからといって、自分に自信を無くす必要も、自分を卑下する必要もまったくない。

『ヒゲ脱毛すれば確実に効果が出て、髭をなくすことができる』
という未来があれば、それだけで十分である。

髭に悩めるのなんて今だけだ。
でも、いきなり楽観的になるのは難しい?

だからこそ、である。

人の欠点を拒絶せずに受け入れられる認められる人間になるには、まず何よりも自分に欠点があることを知らなければならない。

そして、それを意識することで理解することで、その欠点は欠点ではなくなるのだ。

髭に焦る必要はない

今はじっと堪えて、髭に対する理解を深めよう

髭の剃り方やアフターケアを工夫するだけで、顔の印象は大きく変わってくる。
今のうちに正しい髭ケア方法を知っておくことで、将来的な肌への負担を減らすことできるのだ。

それから、生活の質も重要。
大人になると仕事の忙しさにかまけて、健康管理がおろそかになっている人は多い。
不規則で不健康な生活は、髭の濃さを悪化させる要因である。

今のうちから適切な髭処理と規則正しい生活を続けていくことで、成長期特有の体の不安定さが治り、髭の濃さが気にならないくらいに体調が落ち着くこともあるのだ。

それに、社会人まで待たずとも大学生にもなれば、バイトしてヒゲ脱毛費用を貯めることなんて全然難しくなくなる。

ヒゲ脱毛するのならこのタイミングがベストだ。
大学生は就職活動もしないといけなくなるからね。

学生諸君よ、もう髭に悲観する必要はない。
これからももっと堂々と生きよう。 

あとがき:ヒゲ脱毛とこれから

ヒゲ脱毛をはじめよう
何度も述べたように、医療クリニックのレーザー脱毛には効果がある
この点は確実に保証しよう。

まあ、ここまで読む前にヒゲ脱毛を始めている方がほとんどかもしれない。
もうこれ以上、余計な言葉は不要か。

髭には多くの男たちが苦労させられている。
だからと言って、彼らと同じように苦しむのはナンセンスだ。

現在は、医療技術が進歩し、永久脱毛も不可能ではなくなっている。
このご時世に髭に時間を無駄にさせられるのは、時代遅れと言う他ない。

…だが、できることなら、髭を生やすのも生やさないのも選べる、髭の有無で人格を判断されることのない社会になってほしい、というのが本心である。

ヒゲ脱毛で変わるべきなのは、髭に苦しむ本人だけではなく、
髭の有無で人を貶めたり差別したりするこの日本社会全体だ。

この社会においては、「まともに生きることのできる人間こそが、本当は誰よりもまともではない」という現実がある。

ヒゲ脱毛の存在が今よりも広まって普遍的なものなり、誰でも気軽にできるようになれば、今度は逆に、髭に寛容な社会になるのではないか。

そして、それこそが真の「ヒゲ脱毛の効果」と言えるだろう。
大丈夫、ヒゲ脱毛にはちゃんと効果がある。必ずある。

脱毛してスッキリした男

脱毛した男
迷ってるうちが一番ツライ。「善は急げ」と言うし、とにかくまず始めてみよう!

ヒゲマスター
その通り。髭に悩むのはもう終わりにしよう。ヒゲ脱毛はより良い人生のための転機となるはずだ!

ヒゲ脱毛をはじめるにはこちらから!

<メンズリゼ>メンズリゼ公式

<湘南美容クリニック>湘南美容クリニック公式

<ゴリラクリニック>ゴリラクリニック公式サイト

安さ重視で選ぶならこのクリニック

Dr.COBA(ドクターコバ)公式サイト

髭の医療レーザー脱毛:基本情報