本当に髭を薄くすることはできるのか

『もともとの髭の濃さを薄くすることは絶対にできない』
これが私のたどり着いた答えである。

巷では、ありとあらゆる「髭を薄くする方法」が出回っているが、実際は、それらを実直に試してみても、肌あるいは体が健康になるだけで髭が薄くなることは絶対にない。
そう、『絶対に』だ。

髭が濃くて悩んでいる男たちにとって、残酷な真実だが、残念ながらこれが現実である。

そんなの信じたくない!
と思うのなら、調べた方法を実践して本当に髭が薄くなるのか試してみるといいだろう。
徒労に終わるだけだと思うが。

では、髭の濃さに負けて諦めて惨めに生きていくしかない、と言っているのかと言われると、それは『絶対に違う』と自信を持って否定できる。

小学校高学年の時から髭の濃さに悩み抜き、大人になって見事解決した私だからこそ、ハッキリと断言できることがあるのだ。

それをぜひとも教えしたい。
大丈夫、髭の悩みは解決できる。安心しよう。

髭を薄くするorなくすことができるのは『ヒゲ脱毛』だけ

髭が濃いことを本気で悩んでいる男に対して、そのデメリットを書き連ねるなんて無駄の極み。そんなこと分かり切っている。
気休めの慰めなどいらない。重要なのは、本当に髭を薄くする方法があるのか、ということだ。

結論を言うと、今現在、髭を薄くするorなくすことができるのは『ヒゲ脱毛』のみ。
それも、『医療クリニックの医療レーザー脱毛』でしかできない。「男の髭」に対して確実に効果が発揮されるのは、この方法以外にはないのである。

だから、髭の濃さに悩んでいるなら、今すぐ『ヒゲ脱毛』を始めよう。
ヒゲ脱毛だけが唯一、私が本当に髭を薄くできた方法だ。
おかげで今は髭に対するコンプレックスは一切なくなっている。

ヒゲ脱毛以外の方法は考えるだけ無駄。頑張って試してみても、金銭面的&時間的に損するか、精神的に疲弊するか、あるいは、肌が荒れてしまうかで終わる(経験済み)。

髭を薄くするには、余計なことは考えずにただ『医療クリニックの医療レーザー脱毛』を始めよう。確信を持って、強くおすすめする。

ヒゲ脱毛以外の方法が知りたい?

中には「ヒゲ脱毛すればいいことは分かってる!もっと簡単な方法が知りたいんだ!」と憤慨する人もいるかもしれない。
こういう人たちはおそらくヒゲ脱毛に対して偏見を持っている。

なぜヒゲ脱毛したくないのか考えてみよう。
お金の問題?髭を全部なくしたい訳ではないから?なんとなく嫌だ?

的外れな思い込みはやめたほうがいい。
無知で勝手な判断は自分の首を絞めるだけである(経験談)。
ヒゲ脱毛という方法に頼れる現代人は、明らかに恵まれているのだから。

ヒゲ脱毛(医療脱毛)の基本解説

ヒゲ脱毛はあらゆる面から考慮しても、髭を薄くするorなくすのに最高のコスパを誇る方法。(何度も言うが、そもそもヒゲ脱毛でしか髭は薄くできないし、なくせない)

個人的に、「楽して髭をなくそう」などと考える人間は「本気で髭に悩んでいない」、と思っている。髭に悩みまくり苦労させられ続けたのなら、そのしぶとさは痛いほど理解しているはずだからだ。

もちろん、副次的に間接的にヒゲ脱毛効果を高める方法はある。
しかし、あくまでおまけのようなものなので、それらだけで根本的な解決につながることは有り得ない。

素直にヒゲ脱毛を始めよう。
それ以外の方法は、ヒゲ脱毛を続けながらでも実践できる。

おすすめの医療クリニックはこちら(記事内下部へジャンプ)

髭が濃い(濃くなる)原因

遺伝

髭の濃さは、ほとんどの場合、「遺伝」によるもの。
親が濃い場合は、必然的に濃くなってしまう。しかし、残念なことに、親が濃くなくても自分だけ濃くなることもある。また、兄弟で髭の濃さが異なることも少なくない。

正直、根本的(先天的)な髭の濃さは「運」次第だ。こればかりはどうしようもない。

それに、男の髭は歳を取るほど濃くなり続け、50歳くらいでピークを迎える。現時点で髭が濃くない人もいずれ髭に悩むことになるかもしれない。髭の濃くない他人と自分の髭を比べて落ち込むのは無益なのでやめよう。

ヒゲの雑学

環境

髭の濃さには、「環境」も大きく影響する。
南国に毛深く肌が黒い人が多いことからもそれは明らか。そういう体質でないと、日差しが強く気温の高い地域で快適に生活できないからだ。(日本で言うと鹿児島や沖縄。南国出身の友人たちは総じて毛深かった)

生まれた場所だけでなく、日が当たらない・空気が悪い・ストレスが溜まりやすい、といった環境においても髭は濃くなる。一般的に、髭に悩む男たちは劣悪な生活環境に馴染んでしまっていることが多い。
改善できるところから変えていこう。
(これは髭の濃さだけの問題ではない)

日光の髭に対する作用について

喫煙

喫煙は百害あって一利なし。喫煙者は今すぐやめるべきだ。
喫煙しているのにも関わらず「髭を薄くしたい」なんて考えている人がいたら、今すぐに改めよう。それは、運動も食事制限もする気がないのに「痩せたい」なんて言っている肥満人と同レベルだからである。
念のため言っておくが、「禁煙すれば髭が薄くなる」という意味ではない。履き違えないように。

一番の問題は、自分が喫煙者でもないのに、煙を吸わざるを得ない状況にいる場合だ。
知らず知らずのうちに体が蝕まれてしまっている。できることなら、その環境から一刻も早く抜け出してほしい。難しいのであれば、どうにか他の方法でカバーしよう(その方法は後ほど紹介)。

 
髭が濃い(濃くなる)原因は、大別するとこのようになる。
(細かい生活の質に関するポイントは、髭の濃さそのものとは直接関係ないので割愛)
つまり、髭の濃さは本人の努力だけではどうにもならない部分が大半を占めるということ。

それゆえに、いろいろな方法を試してみても、髭を薄くすることはできないのだ。 最終的にヒゲ脱毛にたどり着くよりも、最初からヒゲ脱毛を始めたほうが良いと勧める理由がこれである。

私が実際に試した髭を薄くする(と言われている)方法・アイテムについて

ゼロファクター

大学生時代、藁にもすがる思いで試してみた商品。あちらこちらで名前を聞くので、知っている方も多いだろう。
10ヶ月ほど使用してみたが、髭を薄くする効果はなかった。効果が「ゼロ」ファクター、と言ってしまいたいが、効果が出ている人もいるみたいなので断言はしない。少なくとも私には効果がなかった、ということにしておく)

もし、「たった10ヶ月で効果が出る訳ないだろ!」とおっしゃる方がいるのなら、ぜひとも10年でも20年でも試してほしいものだ。大学生の私には高額過ぎてそれ以上続けられなかったが。

抑毛ローション・抑毛クリーム

よく宣伝されているタイプの抑毛ローションを試したことがある(豆乳やパイナップル)。これはそんなに高額でもないし、年単位で続けていた。
しかし、肌は保湿され多少キレイになったものの、髭にはまるで効果なしだ。

まず、「抑毛」という言葉自体が存在しないことからして疑問符の付く商品。「よくもう」を変換してみても「抑毛」にはならない。抑毛は化粧品会社や脱毛サロンによる造語である。そもそも薬事法からすると、抑毛という表現自体がアウト。
薬剤を塗るだけで毛の生え方が抑制されるなんて、物理的にあり得ないのだ。
(当時の私はそんなことも知らなかった…)

本当に髭が生えなくなるような抑毛ローションがあるなら、なおさら使ってはダメだ。致命的な皮膚トラブルを引き起こしてもおかしくない。
(噂によると、発がん性物質の入った商品もあるようだ)

サプリメント

これはわざわざ言うまでもなく、効果がある訳がないと分かるだろう。
(でも、あの時は試さずにはいられなかったのだ…)
サプリメントは、せいぜいビタミンCや鉄分くらいにしておくべきである。
あくまで栄養補助食品と思っておこう。

家庭用脱毛器

宣伝過多な商品が有名であるが、使ってみたのはそれである。
家庭用脱毛器は、エステサロンと同じフラッシュ脱毛(光脱毛)。基本的にはレーザー脱毛と同じ仕組みだが、出力が比べものにならないほど弱い。
そのため、定期的に律義に照射し続けても、雀の涙ほどの効果しか現れなかった。

フラッシュ脱毛は、資格のいらない施術方法。だから、どんなエステサロンでもできるし、素人が自宅で行なうこともできる。果たしてそんな「手軽な」方法で、男の髭がなくなるだろうか、いや、そんなはずはない。
手軽と言っても、定期的に続けるのはとんでもなく面倒だった。もう二度としたくない

家庭用脱毛器(フラッシュorレーザー)でヒゲは脱毛できるのか

豆乳を飲む

これは今も続けている。
「大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンに似ているため、髭を薄くする効果がある」などという言葉を信じて飲み始めたのだ。(今なら、そんなことある訳がない…とハッキリ分かる)

今も飲んでいるのは、単純に栄養価が高いからである。豆乳や納豆などの大豆食品は、安価で手に入れられる割にたんぱく質が多いことが特徴(食品としてのコスパが高い)。髭のためというより健康のため。
豆乳と納豆はお勧めしたい。

イソフラボンに抑毛効果は本当にあるのか?

ヒゲ脱毛による髭を薄くする・なくす効果を副次的に間接的に高める方法

肌ケアをしっかり行なう

入浴後に、化粧水と乳液を塗るようにするだけでも全然違う。ヒゲ脱毛の施術前後には、保湿が重要となるのだが、その際にも役に立つ(というより必須)。
肌の状態を健康に保つことが何よりも効果的。見た目も良くなる。

ヒゲ脱毛前後のケア方法

ウェットシェービングをする

多くの人が、水やお湯を使わずに髭を剃るドライシェービングを行なっていることだろう。毎日剃らなければならない髭に面倒な時間をかけてられない、という気持ちは分かる。
しかし、肌への継続的な刺激は、髭を濃くする要因になってしまう。肌を傷めずに深剃りするには、ウェット剃りが欠かせない。
入浴中に髭を剃れば、「一石四鳥」くらいになる。髭が薄くなるorなくなるまでの間だけでも、実践してみよう。

おすすめのお風呂剃り対応電気シェーバー

食事に気を遣う

肉中心の食事をすると男性ホルモンが増加し髭が濃くなると言われているが、そんなことは気にしなくてもよい一部の欧米人ほど大量に肉を焼いて食べる習慣がなければ問題なし)。
むしろ、たんぱく質は積極的に摂取すべき。
要は、バランス。過度な飲酒を避け、脂ものや甘いもの食べ過ぎなければ、深刻な影響はない。

睡眠の質を高める

5人に1人が睡眠に問題を抱えているのが現代人。睡眠を蔑ろにすると、あらゆる弊害をもたらす。ホルモンバランスが乱れ、肌が荒れたり髭が急激に伸びたりすることもその影響によるもの。
できれば7時間前後が望ましいが、難しいという方も多いだろう。

そこで、やってみてほしいのが、寝る前1時間以内にスマホやパソコンの画面を見ないこと
これだけでも劇的に睡眠の質が改善される。あとは、就寝起床時間を大幅に変えないことだ。今日からやってみよう。

運動を習慣付ける

特にジョギングをお勧めしたい。
多少、不健康な食事や不規則な生活をしようが、運動する習慣さえあれば、体は健康に保たれる。体が鍛えられるだけでなく、体内の不純物・老廃物が汗と共に吐き出されるため、肌が清潔になるのだ。ストレス発散にもなるし、ヒゲ脱毛のためだけでなく、人生全般において必須。
ほんの少しでも効果があるので、ぜひ続けてみよう。

表情を明るくする

髭が濃いことをコンプレックスに思っていると、伏し目がちになり表情が暗くなってしまう。それが、髭の濃さに拍車をかける要因。青髭が目立っていても、なるべく表情を明るくするように心がければ、マイナスイメージを抱かれることはほとんどない。
髭の濃さは本人が気にし過ぎていることがほとんど。あまり深刻に思いつめないようにしよう。
それに何より、ヒゲ脱毛で髭を薄くすることができた時には、自然と明るい表情になっているはずなので心配は無用だ。

 
以上が、『ヒゲ脱毛による髭を薄くする・なくす効果を副次的に間接的に高める方法』である。
「副次的に間接的に」である理由は、栄養バランスを考えた食事を摂り、定期的な運動を実行し、睡眠時間を確保して、生活習慣を完璧にしても、それでも、それだけでは、髭を薄くすることはできないからだ。 私がそれは実証済み。
(私ほど健康に気を遣っていた学生はいないんじゃないか、というくらい、10代の頃から徹底していた。にもかかわらず、髭は濃くなるばかりだった…)

やはり、何度も言うように、髭を薄くするorなくすには、ヒゲ脱毛しかない。
(本当にヒゲ脱毛という手段があってよかった)

だからと言って、「別に健康に気を遣う必要なんかないよな。だって、ヒゲ脱毛すれば絶対に髭をなくせるんだろ?」とは考えないでほしい。
私が伝えたいのはそういう結果論ではないのだ。
髭がなくなって見た目が良くなっても、心がブサイクなままでは意味がないのである。

ヒゲ脱毛はここで始めよう【おすすめの医療クリニック】

メンズリゼ

メンズリゼ公式サイト

  • ヒゲ全体セット(鼻下、あご、あご下、ほほ・もみあげ)
ヒゲ全体セット 料金(税込)
5回コース 98,800円
コース終了後1回 15,500円

私が実際に通った医療クリニック。他のクリニックより料金は高め。だが、医師や看護師が脱毛専門のため質の高い快適な施術を受けることができる。安さを重視しない人にとっての最適解。
学生は学割(全プラン20%OFF)を利用すれば、安くてお得な質の高いヒゲ脱毛をすることが可能。学生にとっても最適解となる。

メンズリゼ解説ページ

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック公式サイト

部位 料金
ヒゲ3部位 6回:29,800円
ほほ+もみあげ 6回:29,800円
6回:24,800円

全国展開している人気の大手クリニック。コース料金が非常に安い。どの地域からでも通いやすいし、他に選択肢がなければ(近くにクリニックがなければ)、湘南で始めよう。大手ならではの安定感がある。
クリニックごとにスタッフの対応や質が異なるので、神経質な方は注意。ただ、わざわざマイナスの口コミを信じ込む必要はない。

湘南美容クリニック解説ページ

Dr.COBA(ドクターコバ)

ドクターコバ公式

  • 一括払い(6ヶ月集中プラン)
ヒゲ全部位 料金
5回分 106,920円
6回目以降 108円(期間無制限)

特徴は、その圧倒的な安さ。6回目以降の施術がずっと108円で受けられる。今現在、ドクターコバが最も安くヒゲ脱毛を完了できるクリニック。医院数は、銀座・名古屋・大阪の3つのみ。
正直、「100円で大丈夫か?」という気がするが、今のところ、プランが変更されそうな気配はない。(だが、このような破格のプランはいつなくなってもおかしくない。申し込んだタイミングで料金は決まるので、ドクターコバを選ぶなら早めをおすすめする)

Dr.COBA(ドクターコバ)解説ページ

髭を薄くすることについての本音

髭は中高生の時が一番気になる。
今ならスマホでいろいろ調べられるかもしれないが、当時はそんなこともできなかった。髭の悩みを誰かと共有することもできなかった。

少なくとも自分と似たような髭の悩みを持つ人の存在を知ることができれば、あるいは、学生時代にそういう経験を味わったことのある人の存在を知ることができれば、精神に深刻な問題をもたらすことはなかっただろう。

だが、ネットで髭を薄くする方法を調べても、何の重みもない言葉ばかりが並ぶ。
「髭が薄くなるよう努力をしてください」とか「これを使えば髭が薄くなります」とか、無責任も甚だしい。
その程度では髭を薄くできないから困っているんだろ?と言いたくなる。

おそらく、彼らは本気で髭に悩んだことがない。だから、平気でそんなことが書けてしまう。ましてや、女性が書いている「髭を薄くする方法」まである始末。いやいや、分かる訳ないだろう、そんなこと。

あらゆる情報が錯綜する中で、正しい言葉を見つけ出さなくてはならない。基本的に似たようなことばかり書いてあるため、とりあえず「手軽で安価な効果の出そうなもの」に手を出してしまいがちだ。しかし、それでは遠回りしてしまうだけ。試してみるのは悪いことではないが、きっと何の効果も得られず自分の髭の濃さにより深く傷つけられて終わるだろう(経験済み)。

髭による犠牲者を増やさないためには、誰かが「これで必ず髭を薄くするorなくすことができる」という方法を提示しなければならない。

それが今回何度も繰り返している『医療クリニックの医療レーザー脱毛』である。

もっと早く知ることができればよかったのだが、私は勝手な思い込みで「お金がかかるから」と見て見ぬふりをしてしまっていたのだろう。髭をなくすことはできても、髭によって失った時間は戻ってこない。しかし、早めに髭をなくすことができれば、その分、時間をロスしなくて済むし、何より、精神的ダメージが深刻になる前に食い止めることができる。
(本当にもっと早くヒゲ脱毛という存在に気づいていれば…)

幸い、今はヒゲ脱毛を気軽に行えるようになっている。
メンズ脱毛が一般的になり始めたのは、せいぜいここ5年ほどではないだろうか。多くの芸能人・有名人が脱毛を始めたのもそのくらいの頃だったと記憶している。
もう少しすれば、男が髭に一切悩まなくてもよい時代が来るのかもしれない。

髭に悩んでいる方は、ぜひともヒゲ脱毛を始めてみてほしい。
早めのほうが私みたいに後悔しなくて済むはずだ。
もちろん、遅くとも満足することはできる。

今、中高生である君たちは、なんとか大学生or社会人になるまで耐え抜こう。耐え抜くと言っても、深刻に考える必要はない。髭は男なら誰にでも生えるもの。ただ遅いか早いかの違いだけ。むしろ、プラスに考えよう。髭に本気で悩むことからしか、見えてこない世界もある。
(私は髭に悩んだおかげで、人を見た目だけで判断する矮小な人間にならずに済んだ)

大丈夫、髭の悩みは必ず『ヒゲ脱毛』で解決できる。安心しよう。

医療クリニック解説まとめ
ヒゲ脱毛の基本まとめ