髭剃りがもたらす不利益は個人単位で収まらない

髭剃りは非常に面倒

「髭剃りが面倒だ」とは男性なら誰もが一度は思うこと。 

朝の忙しい貴重の時間を割いて髭を剃らねばならないのは、非常に労力がかかる。肌を傷めるし、髭処理用品にはそれなりの費用も必要だ。

なぜ髭は剃らなければならないのだろうか。

大人になればほとんどの男性に髭は生えてくるものだ。
それが自然でごく当たり前のこと。

にもかかわらず、あまりも髭に対して社会は否定的すぎやしないだろうか。

多くの会社員が髭にはうんざりさせられているはず。
特に肌が弱い人にとっては、髭剃りは毎朝の「拷問イベント」と化してしまっている。

この現状には異議を唱えるべきだろう。
日本において、髭は「忌むべき物」とされている節すらある。

髭剃りを強いることによる損失

髭剃りによる損失
髭を剃ることは、

当たり前のマナー?
一般常識?
社会通念?
そういう決まりだから?

日本の男性たちは髭剃りでどれほどの時間を浪費しているだろうか。それが何十年も積み重なれば一体どれだけの損失になるのか…。

髭をキレイに剃らなければならないという同調圧力。 見た目に対する周囲の評価。

誰もが髭はあってはならないと思い込んでいる。

これは経済的損失だ。
日本で働く男性のほとんどが髭を剃る。これはつまり、日本の労働力の損失でもあるのだ。

無意味な労働を強いているのと同じこと。

その時間や労力、(見た目を気にする)意識を別のことに向ければ、人間的な成長につながるではないか。 
いや、社会全体の向上にすらもつながるはずだ。

社会全体の向上につながるワケ
  • 髭の有無など些細なことで人を判断しない
  • 合理的選択ができるようになる
  • 必要か不必要かの区別
  • 無駄な行為の削減(髭処理に限らず)
  • 人物そのものへの正当な評価

髭剃りを強いる不可解さ

髭を剃る

  • そもそもなぜマナーになっているのか
  • 剃らなければいけないという風潮になったのか
  • どういう経緯で世間一般の認識に組み込まれたのか
  • 不衛生不潔なイメージはどこから湧いたのか

「そもそもなぜ疑問に思う?」
という反論がありそうだが、よく考えてみてほしい。

『髭に限らず毛は誰にでも生えるものである』
そして、日本人は、
『髭以外の毛はそのままにしている』
にも関わらず、
『髭だけが剃ることを義務化されている』
いっそ、
『性別に関係なく全員が頭から足の先までツルツルにすること』
を国策として推し進めるべきではないか。

『矛盾しているのである』
不衛生だというのなら、見た目の問題だというのなら、
『見なければいい。気にしなければいい』

マナーだと言われつつも、
『そのほとんどが主観的な意見に偏重している』
それは髭を剃らせるのが、
『たんなるエゴ、わがままであることの証明ではないか』

わざわざこんなことを疑問に思わないから、
『いつまでたっても変わらない』
さらに、それが
『国自体の損失につながっている』
という客観的事実を無視してしまっている。

同調圧力に屈している人間ばかりがいるから、それが「当たり前」になっている。
そして、それに従わない奴は「異分子」であり「反逆者」なのだ。

日本では、何も考えずにただ従うことを美徳としている。

髭剃りの手間を省くには

メンズリゼ公式
実際のところ、髭を生やしたいのなら、髭OKな職業に就くしかない
もしくは、自分が髭OKな会社を作るか

一介のサラリーマンに過ぎない存在が、髭ごときで自分の存在をアピールしてみたところで、何の意味もない。社会的利益につながる訳でもない。
むしろ、髭が似合わずに他人に不快感を与えてしまうという点では、髭はやはり無いほうがよいだろう。

どうしても髭を生やせない仕事に就いているのなら、
髭は邪魔ものでしかないので、
ヒゲ脱毛するのがベストだ。 

幸いにも最近では、男の脱毛も普通になってきているし、脱毛技術もツルツルにできるほど上がっている。

髭を是とする社会に作り変えようとするよりかは、はるかに労力がかからないし、ラクなのは間違いない。
(根本的な解決にはなっていないが…)

しかし、世の中には、『裁判を起こしてまで髭を貫いた男性もいる』ことを知っておいてほしい。会社側に勝訴しているのだから、実にすばらしい。
(ただし、衛生状態が重要な食品関係や医療関係、人前に出るサービス業を除く一般企業のみにおいては、である。)

社会通念であっても、法律で決まっている訳ではない。
ただ、そういう慣習があるだけで、誰一人として明確に「なぜ悪いのか」を証明できないのだ

だから、まだ付け入る隙はある。
少なくとも他の国くらいには髭に寛容な民族になるべきだ、と私は思う。

最近(2019年1月)話題になっている大阪市営地下鉄のヒゲ問題があるが、この場合は「市営である」ということがポイントだろう。
参考:ヤフーニュース

まとめ:そもそも男はなぜ髭を剃る必要があるのだろうか

  • 髭にこだわりがなければ、ヒゲ脱毛すべき
  • 髭に強いこだわりがあるのなら、それを貫ける環境を自ら作る

現状、この日本においてはこう結論付けるしかない。

髭が無くなれば、単純に時間を節約でき、肌も傷めないし、反髭勢力と争う必要もなくなる。

最重要ポイントは、『あなたはあなたの髭に対してどう思っているか』だ。
それを見極めて自分の髭の在り方を考えてみよう。

もしかすると、あなたのその意識が日本を変えるきっかけになるかもしれない

ヒゲ脱毛をはじめるならこちら

髭に悩む営業職の男たちへ【ヒゲ脱毛】
肌が弱い男のためのヒゲ脱毛講座~敏感肌・乾燥肌・剃刀負け・アトピーでも大丈夫~
【医療レーザー】メンズリゼのヒゲ脱毛を詳しくまとめてみた
【ヒゲ脱毛】医療クリニックの選び方
【ヒゲ脱毛で時短しよう】毎朝の髭剃りをなくすには、ヒゲ脱毛しかない!
【保湿は絶対!】ヒゲ脱毛前後のケア方法