「日本人」の基準とは?

「日本人離れしている」という言葉を聞くことがあるが、どういう人に対して言っているのだろうか。また、どういう人が「日本人」と言えるのだろうか。
基準は何なのだろうか?
これが分かれば、日本人に「髭」が似合うかどうかも分かるはずだ。 

「日本人離れ」は、優れたスポーツ選手に使われることが多い。たとえば、背が高かったり体格が大きかったり脚が長かったりなどなど、平均的な日本人よりも身体能力的に秀でている場合だ。

となると、「日本人」の基準は、身体能力的に優秀でないこと、および、身体的特徴が平均に近いこと、である。つまり、日本における「一般的な人」のことを指すのだと言える。

「日本人」の基準

  • 背が高すぎない
  • 体格が比較的細め(分厚くない)
  • 脚が比較的短め(身長の半分未満)
  • 鼻が高くない
  • 顔が薄め(彫りが深くない)
  • 肌が白すぎない
  • 比較的童顔

上記の項目に当てはまるなら、「日本人」なのだろう。

しかしこれは、あくまでも典型的なイメージに過ぎない。これらに当てはまるからと言ってすべて日本人とは限らないし、当てはまらないからと言って日本人ではない訳ではない、ということは念のため注記しておく。

「日本人の基準」に当てはまる人は、髭が似合わないかどうか

髭が似合わない日本人を具体例で挙げることしない。もしかすると人権侵害になるかもしれないし、いや、法律などに抵触しなくとも、私自身が人を貶めるような行為は避けたいからだ。

ということで、「髭の似合う日本人」を例として挙げよう。

髭の似合う日本人が「日本人の基準」に当てはまっていなければ、すなわち、『日本人に髭は似合わない』ことになる。 

髭の似合う日本人

イチロー(野球選手)

イチロー選手
無精ヒゲすら似合う男。野球選手としては細身だが、背も体格も一般人を軽く超えている。言うまでもなく、身体能力もずば抜けて高い。

阿部寛(俳優)

阿部寛さん
おそらく初見では日本人か分からない人も多いのではないか、と思えるほどに、背が高く彫りが深い。ローマ辺りに住んでいても違和感は全くないだろう。

もちろん、この他にも髭の似合っている日本人はいるが、この二人は誰もがイメージしやすく特徴的で分かりやすいことを理由に選んだ。
そして、二人は見事に「日本人の基準」に当てはまっていない。

二人に近しい日本人は極めて少ないだろう。
ということは、やはり『日本人に髭は似合わない』訳だ。 

彼らに近しい体格・顔をしていれば、私も髭を伸ばすことを楽しめていただろう。髭を憎むことなんて無かっただろう。でも、そんな後悔はもういらない。

なぜなら、私はすでに「ヒゲ脱毛」したからだ。

髭が似合わないなら、思い切って「ヒゲ脱毛」しよう

メンズリゼ公式

私は「日本人の基準」に恐ろしいほどに当てはまっている。 
ゆえに、髭が全く似合わない。

私は、10代前半の頃から髭に悩み続け、数々の不都合な現実を味わってきた。髭を強く憎悪していた。髭を活かそうなんて思いもしなかった。邪魔で邪魔で仕方がなかった。
だから、脱毛したのである。

髭なんてもういらない。私はその考えをこれから先も覆すことは決してないだろう。

もし、あなたが髭に悩んでいるのなら、思い切って脱毛してみよう。

医療クリニックでのレーザー脱毛なら、カンペキに永久脱毛可能だ。髭処理に時間を割く必要がなくなり、人生に時間的にも精神的にも余裕ができる。

とは言え、自分に似合わないだろうから、と諦めてしまうのはもったいない。髭は男ならではのファッションスタイルだ。誰が何と言おうと髭スタイルを貫くのも、見た目とはまた違った魅力を放つに違いない。

髭を伸ばしてみて、「絶望的に似合わないな」「やっぱりどう考えても邪魔だ」「気持ち悪い…」などと感じた方は、ヒゲ脱毛することを強くお勧めする。 

これまでとは違う自分を発見できるかもしれない。

ヒゲ脱毛の基本情報

ヒゲ脱毛するなら医療レーザーで間違いナシ!
ヒゲ脱毛で得られること【まとめ】
ヒゲをまったく生えてこない状態にするための費用はいくらかかるのか