髭剃りが人生に与える時間的損失

髭剃りには毎朝どれくらいの時間をかけているだろうか。

平均して10分と言われているが、これはヒゲが濃い方もヒゲが薄い方も全部ひっくるめての時間である。

となると、ヒゲが濃い方は必然的にそれ以上の時間を毎朝かけている訳だ

もったいないことこの上ない。

髭剃りに10分以上かかってしまう方は、これからの人生においてのヒゲの在り方について、もう一度考え直すことをお勧めしたい。 

なぜなら、髭剃りは時間の無駄でしかないからだ。

【ヒゲが濃い男性Aさんの場合】

髭が濃いAさん
ヒゲが濃いAさんは、長年、髭剃りに悩まされ続けてきた。
今日もため息を吐きながら、鏡の中の自分を見つめる。

「今日もヒゲが気持ち悪いな…」 

彼はヒゲが濃すぎるために、ヒゲを入念に蒸らして柔らかくし、シェービングフォームをたっぷり付けてからでないと、まともに剃ることができない。
丁寧に剃っても血が出てしまうことも少なくないほどだ。

ましてや、何もつけずに剃るなんて不可能。
朝のちょっとした時間に軽く髭剃りするだけ…なんてキブンだったら、どんなによかっただろう。

だから、髭剃りしやすい入浴中にのみヒゲを剃ることにしたのだった。
これが一番効率的なのだ。

しかし、当然、朝になればヒゲは伸びている

でも、もう諦めた。 
幸い、彼は営業職でも接客業でもなかった。
ただ会社規則でヒゲが禁止されているだけであった。

見た目が多少悪くなったところで、問題ない。
「どうせ、はじめからイケメンでもなんでもないしな…」 
彼はもう諦めていた。

彼は見た目の影響なんかよりも単純に髭剃りそのものにうんざりしているようだ。
いや、「ヒゲそのもの」に対してかもしれない。

毎日髭剃りだけで、最低20分もかかるのである。その他、保湿のための化粧水や乳液を塗る時間を考えると、30分はゆうにかかっている。

あまりにも時間がもったいない。

「せめてもう少しヒゲが薄ければどんなによかっただろう」
「これからもヒゲ中心の人生になってしまうのか…」
「俺の人生って、一体…」

彼は今や精神的にもひどく疲弊している。

どれくらい時間を失っているのか

時間的損失
上記のAさんのようにヒゲが濃い場合、髭剃りに1日20分はかかる。

すると、20分×30日で、1ヶ月に10時間。
1年で換算すると、120時間である。

120時間を費やせば、何ができるだろうか。おそらく大抵のことはやり終えられるだろう。
たとえば、

  • 本を10~20冊は読み終えられる
  • 映画をおよそ60本観終えられる
  • 海外旅行に行ける
  • 資格試験の勉強に当てれば、十分に合格圏内に達するほどの時間
  • 仕事15日分

もっとも分かりやすいのが、年収に当てはめてみた場合か。
120時間分の働きは一体いくらになるのだろうか? 

※土・日・祝日が休み、正月とお盆で3日ずつ休み、年収600万円だとすると…
勤務日数は、約240日
600万円÷240日で、1日2.5万円
1日8時間勤務とすると、120時間分の給料は、なんと37.5万円である

つまり、髭剃りに375,000円も1年でかけていることになる

髭剃りしているからこその年収だ、という方もいるかもしれない。特に営業職、接客業の方などは。

しかし、そもそも髭剃りをする必要がなくなれば? 

明らかにプラスでしかなくなる訳だ。

とにもかくにも、
髭剃りに120時間(37.5万円)も費やす価値は、絶対にないのである。 

無駄な髭剃りをなくすには、『ヒゲ脱毛』しかない

時は金なり
医療クリニックでレーザー脱毛を行えば、半永久的にヒゲをなくすことができる。

Aさんのように、髭剃りに心底うんざりしている方に特に強くお勧めしたい。
「髭剃りしなくてもいい」という解放感は筆舌に尽くしがたいほどである。
人生がもっと効率良くなり、活力に満ち溢れたものになるのは間違いない。

クリニックでの医療レーザーなら、10回も通えば、それが実現できる。
どんなにヒゲが濃い方でも、確実に薄くなるのだ。 

ヒゲ脱毛にかかる費用は、ツルツルの状態にしたとしても、20万円未満
37.5万円もかからない。 

そのうえ、一回の施術は15分程度
それで、10回通えばいいのだから、合計で150分。たったの2時間30分である。
アフターケアや通う時間を含めても、120時間もかからない。

ヒゲの毛周期の関係上、1年で10回も通えないが、それでも、ヒゲ脱毛がいかにお得かは理解していただけるはずだ。

これからも髭剃りに人生を無駄に費やし続けるのか
それとも、ヒゲ脱毛して、髭剃りという無駄をなくし人生を充実させるのか

どちらが良いのかは、明白である。

ヒゲ脱毛をはじめて、面倒な毎朝の髭剃りから解放されよう! 

私がヒゲ脱毛を決意した理由【体験談】