まず、「おしゃれヒゲ」って何?という話

おしゃれヒゲ男
髭はそもそも、不衛生・汚い・不快・ズボラなどのマイナスイメージを持たれることが多いが、それを逆手にとって、男ならではの髭を活かし、カッコいいプラスのイメージを出そうとするのが「おしゃれヒゲ」だ。

ただ単に髭を伸ばすだけでは決して「おしゃれヒゲ」とはならず、毎日こまめな手入れを継続し、かつ、自分に合ったヒゲスタイルを選ばなければならない、という非常に上級者向けのファッションである。

おしゃれヒゲは、髭剃りの手間とおしゃれヒゲの手入れの手間を天秤にかけ、どちらが果たして自分にとって有益で最適かを考慮しつつ、より困難であろう髭を生やす道を選んだ男たちの熱い(暑苦しい)シンボル、と言える。

ゆえに、妥協は許されないのだ

おしゃれヒゲ道は険しい

たとえどんなに面倒で邪魔であっても、髭を剃ることはできず、髭を自分の体の一部だと強く自覚しながら、髭と共に生活しなければならない。

また、おしゃれヒゲを選択したからには、自分に似合っていないとダメだ。自分にふさわしい髭でなければ、それはおしゃれヒゲでも何でもない「(不衛生で不快な象徴としての)ただの髭」になってしまう

おしゃれヒゲを極めるのはとてつもなく難しい。 
途方もない労力と髭に見合うだけの器量を持つ必要がある。

それに、一般的な観念・価値観から見れば、社会人の男が髭(おしゃれヒゲであっても)を生やしているのは、だらしなく見え、信用の損失にもつながる。

おしゃれヒゲにする男たちは、何故その修羅のごとき道を選んだのであろうか…?

おしゃれヒゲにこだわる理由は何か?という話

髭とバイク
なぜそうまでして彼らは「おしゃれヒゲ」にこだわるのか

おしゃれヒゲは、その名の通り「おしゃれ」でなくては成り立たない

にもかかわらず、おしゃれヒゲを生やしている男たちは少なからず存在する。
そんな男たちの生態を考えてみよう。

おしゃれヒゲを生やす男たちの生態

ナルシシスト

この可能性(蓋然性)が非常に高い。というより、おしゃれヒゲにする男は十中八九、ナルシシストに違いない。カッコいい(と思い込んで)自分に酔っているのだ。

童顔がコンプレックス

自分の顔への劣等感を紛らわすために、髭を生やす。これが一番まともな理由かもしれない。しかし残念ながら、おしゃれヒゲとは呼べない人が大半だ。似合っていない。

異性にモテるため

男としてはいたって普通の感情か。髭好きな女性もいるだろうし、髭があれば大人っぽく見せることもできるだろう。だが、おしゃれヒゲが完璧でないと逆効果だ。

以上が、「おしゃれヒゲ」にする男たちの大まかな分類である。
彼らは基本的に、自分が好きで自分をもっと他人にアピールしたい自己陶酔的な人物ばかりだ。

先祖返りかのように髭を生やす行為は、時代を逆行し野生に帰ろうとしているのではないか。雄としての威厳を保つために虚勢を張る猿としか思えなくなってきた。

そう、髭は今や時代遅れの遺物なのだ

おしゃれヒゲが通用する場面は限りなくゼロに近いという話

ビジネスと髭?
髭の似合う男を思い浮かべてみよう。

どんな人物が思い浮かんだだろうか?
ほとんどの方が、俳優か芸能人かスポーツ選手を思い浮かべたのではないだろうか。

そこで真っ先に「自分」が思い浮かんだ方は実にすばらしい。
そのまま「おしゃれヒゲ道」を突っ切ってほしい。

そう、つまり、ほとんど場合においておしゃれヒゲは、
「元からカッコいい人が生やしているからカッコよく見えるだけ」なのである。
そこは決して勘違いしてはならない。

さらには、髭が生えていても問題ない職場に勤めていなければ、まずおしゃれヒゲにすることなんて不可能であるという事実。

おしゃれヒゲは非現実的

おしゃれヒゲは非日常的だ。

大学生を除くと、特殊な環境にいない限りおしゃれヒゲは通用しない。一般的な会社員や公務員が髭を生やしているなんてあり得ないし、その二者だけで労働者のほとんどを占める。

髭は現代には不釣り合いな存在だ。 

最近は、ヒゲ脱毛する人が増えている。髭処理はとにかく煩わしくて面倒なだけ、と思う男が増えてきたのだ。

髭を剃らなくてもよい体になれば、当然、時間は無駄にしなくて済むし、お金もかからない、そのうえ、肌を傷めることもない。いいこと尽くしだ。

この現状から、髭が通用する場面は、社会的にも自分の精神的問題においても限りなくゼロに近い、と言っても過言ではない。

ヒゲ脱毛してしまったほうがメリットは大きいという話

ヒゲ脱毛した男
髭はもはや無用の産物。現代人の体には、全くもって必要のないものである。

髭に悩まされない生活を考えてみてほしい。

学生時代から髭の濃さに悩んできた方ほど、その恩恵は大きいはずだ。

青髭のないスッキリとした顔は、誰からも好感を持たれるだろうし、自分自身も前向きなれる。肌がキレイになれば、表情も明るくなる。
髭を無くすだけで、人生はきっと大きく変わる。

対して、おしゃれヒゲで自分を作り出す場合は、どこかスッキリとしない。本当は髭なんか無いほうがいいのに、髭に頼らざるを得ない自分がいるからだ。

髭を生やしても、自分の内面は成長しない。上辺だけの人間像が出来上がってしまうだけだろう。 

髭はヒゲ脱毛してしまうべき

ということで、おしゃれヒゲにするより、髭なんてさっさと永久脱毛してしまおう。

医療クリニックでのレーザー脱毛であれば、確実に安全にヒゲ脱毛を完了させることができる。

男は爽やかで清潔なほうが、絶対にカッコいいのだ。

ヒゲ脱毛にお勧めの医療クリニックがこちら

自分に適したクリニックを選ぶにはこちら

おしゃれヒゲを極めるにもやはりヒゲ脱毛はうってつけという話

おしゃれヒゲにもヒゲ脱毛
ここまでおしゃれヒゲ、引いては「髭そのもの」に対しては否定的な見解を示してきたが、髭を生やしている人物自体に対しては別に(個人単位で)否定的な訳ではない

男なら当然髭は生えてくるものだし、それを活かすも殺すも本人次第だ。
他人がどうこう言う話ではない。

何より、マナーのない喫煙者と違って、周囲の人間に害や迷惑を与えている訳ではないのだから。

むしろ、おしゃれヒゲを自分のものにできている人物に対しては、尊敬の念すら湧く

上述したように、「おしゃれヒゲ道」は非常に険しい。
それでもなお、おしゃれヒゲにできている人は実に、人間としても出来ているのだろうと思う。

中には、「おしゃれヒゲ生やしてみようかな」と考えている人や「うまくおしゃれヒゲにできないな」と悩んでいる人もいるかもしれない。

そういう方たちにも、強くヒゲ脱毛をお勧めしよう

おしゃれヒゲにもやはりヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛というと上記の通り、ヒゲを全部なくすためのものと思われがちであるが、実は、完璧なおしゃれヒゲを目指すためにも欠かせない存在なのである。

おしゃれヒゲを理想の髭の形にするには、日々の細かな手入れは必須。
ちょっとのサボりがあるだけで、それは決しておしゃれヒゲとは呼べなくなってしまう。 

そこで役立つのが、ヒゲのデザイン脱毛だ。

髭のいらない部分だけ脱毛することで、理想の形を簡単に楽にキープできるようになる。
つまり、おしゃれヒゲの難易度を大きく下げつつ、より完璧なものに仕上げるための脱毛という訳だ。

髭を部分的に残すデザイン脱毛は、どの医療クリニックも行なっている。

おしゃれヒゲにこだわる人はヒゲ脱毛を始めて、それで初めて「おしゃれヒゲ」と呼べるようになると言っても過言ではないのだ。

髭を生やすにもやはりヒゲ脱毛を始めよう。 

おしゃれヒゲにも最適な医療クリニックのレーザー脱毛

医療クリニックのレーザー脱毛に関する基本知識