男の印象でもっとも大事な『清潔感』

清潔感のあるサラリーマン
人を判断するのには、さまざまな方法がある。
しかし、知り合いでもない他人に対して、面接を行い、どのような人間なのかを問い質してまで深く知ることは当然できない。

どんな性格なのか、何が得意なのか、年齢、学歴、職業などなど、見ただけでは分からないステータスがいくつもあるのが人間だ。それがごく自然。当たり前。

「パッと見」で分かることのほうが少ないのである。

と、言いたいところだが… 

実際は、見た目だけで9割はおおよそどのような人物なのか、(本人の意思に関係なく)判断され決めつけられてしまう。

特に男性の場合、『清潔感』は非常に重要な意味を持つ。
それも、清潔感のない男性は、一目で「嫌悪すべき人間」「生理的に無理な人間」と認定されてもおかしくないほどにだ。

清潔感がないと認定されれば、まとも人間関係を作り上げるまでには、かなりの労力を要しなければなくなり、無駄に苦労することになる。

では、一体何をもってして『清潔感』と言っているのだろうか?

それは、「ヒゲを生やしているかどうか」である。

ヒゲで得する人と損する人がいる

清潔感のある男性には、ほとんどの場合「ヒゲは生えていない」

だからと言って、ヒゲを剃れば必ず清潔感が出る訳でもないし、ヒゲがあるからと言って必ずしも清潔感がない訳ではない。

にもかかわらず、ヒゲがないほうが「清潔感がある」と思われやすいのは、私たちが日本人だからである

日本人には基本的にヒゲが似合わない。

顔の特徴や体型が他国の男性に比べて幼いこともそうだが、文化が「ヒゲ=不潔」なものとして排除しようとしていることが最大の要因であろう。

そのため、この日本社会では、ヒゲで得する人と損する人がいる

しかし、ヒゲで得する人はほぼいない。非常にレア。
ヒゲで得するのは、せいぜい俳優か芸人かモデルくらいだ。

たとえ、ヒゲを生やせる職場・職業だったとしても、ヒゲは生やさないほうがよい。
なぜなら、『清潔感』が失われるからである。

上述した通り、男性にとって『清潔感』は非常に重要な意味を持つ。
それは、ビジネスの面でも、ファッションの面でも、日常生活においても、だ。

なぜ、「ヒゲ=不潔」なのか

髭は常に汚れている
ヒゲは「雑菌の繁殖場」である。
端的に言うと、「ものすごく汚い」のである。

なぜ、「ヒゲ=不潔」なのか。
残念ながら、そのままの意味だ。

ヒゲを伸ばしていると生じる「不潔なこと」

  • 食事時には、ヒゲに食べ物や汁がからみつく
  • ついでに繁殖した菌を食べることになる
  • 汗や皮脂がこびり付いたまま
  • 手で触る機会が多いため、手もヒゲも雑菌まみれ
  • ヒゲには「常在菌」が蠢いている

一説には、「ヒゲは便座・便器なみに菌が繁殖している」とも言われる。
パソコンのキーボードやスマホなども、実は非常に汚く雑菌まみれであることで有名だ。

しかし、ヒゲは、体、それも、顔に生えているものである。
生活雑貨や電化製品が汚れているのとは、訳が違う。 

最上級に、不潔・不衛生な存在。
それが、ヒゲなのである。

つまり、ヒゲを生やしている男は、例外なく、不潔で不衛生で汚いのである。

ただ、ヒゲが似合ってさえいれば、たとえ不潔であったとしても、『清潔感』は出せないこともない。

だが、それは多くの日本人にとって難しいし、やはり、汚いことに変わりはないので、ヒゲは生やさないほうが賢明だろう

ヒゲ脱毛すれば、誰もが『清潔感』を出せる

ヒゲ脱毛で清潔感
ヒゲを剃っても、青髭が残り、肌は荒れ、ニキビが常にできていては、清潔感は出せない。
ヒゲを伸ばしても、全く似合わないうえに、雑菌まみれでは清潔感を出せる訳がない。

どうあがいても『清潔感』は出せないじゃないか!? 

と、思うかもしれないが、安心してほしい。一つだけ方法がある。

それが、『ヒゲ脱毛』だ。

日本人男性にとって、ヒゲは不必要なもの。
ならば、さっさと永久脱毛してしまうほうがよい。

医療クリニックでのレーザー脱毛なら、半永久的にヒゲをなくすことが可能だ。
髭剃りしなくて済むようになれば、時短になることはもちろん、青髭も肌荒れもなくなり、ニキビもできなくなる。

すると、どうなるか。
男の肌とは到底思えないような「美肌」が誕生するのである。 

男の美肌の価値

「男の美肌」は、単なるキレイな肌ではない。
とてつもなく価値があるものだ。

どんなに服装や髪型、持ち物に気を遣っていても、ヒゲを伸ばしていたり青髭が目立っていたりしては、絶対に『清潔感』は出せない。

ところが、服装や髪型が多少乱れていてもダサくても、ヒゲ脱毛して美肌を保っていれば、圧倒的な『清潔感』を出せるのだ。

人の見た目が9割ならば、見た目の9割は顔である。 

印象や雰囲気などのいわゆる感覚に頼る「第六感」が、人を判断するのには適用されるが、その感覚は、人間関係にも大きく影響してしまう。

『清潔感』は、そこで役に立つ。
美肌であれば、「パッと見」で「自己管理がしっかりできている誠実でまじめな人間」と好意的に判断されるのである。

第一印象が良いと、人間関係が円滑に育まれやすくなり見た目で損することはなくなるのだ。

ヒゲ脱毛で『清潔感』を出そう

メンズリゼ

 

ヒゲは、日本人男性にとって大きく重い足枷でしかない。 
そんなものは早々に外してしまうのが、人生を楽しむコツである。

髭剃りにうんざりしているなら、
ヒゲが濃いことを嘆いているなら、
青髭が絶望的なほど目立つなら、
人間関係を円滑に形成したいなら、
人生をより豊かにしたいなら、

「ヒゲ脱毛」して、男の美肌を手に入れ、『清潔感』のある男になろう。
ヒゲ脱毛すれば、人生に関する悩みの9割は解決する、と言っても過言ではない。

確かに、ヒゲ脱毛はお金も時間もかかる。
しかし、自己投資をケチっていては、いつまでも現状のままだ。

ヒゲ脱毛は究極の自己投資。
『清潔感』という武器を手に、充実した人生を送ろう。 

ためらっている暇はない。勝利の女神は前髪しかないのだから。

ヒゲ脱毛の基本知識はこちら

ヒゲ脱毛するなら医療レーザーで間違いナシ!
【痛みについて】医療レーザーでのヒゲ脱毛 麻酔は必要なのか?
【保湿は絶対!】ヒゲ脱毛前後のケア方法
医療クリニックでのヒゲ脱毛の流れ
ヒゲ脱毛で得られること【まとめ】